2007年12月28日

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告!(その3)

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告(その2)のつづきです。


3 手術&検査

翌日、3時間くらいで手術が終わり、執刀医が摘出した患部を見せてくれた。

大きめの帆立貝みたいなのがビニール袋に入っている。直径4センチくらい。
これ、全部ガン細胞?!すごく大きくない??
何か、転移してそう…。
お祭りなんて行っていたことを大後悔。

私は、手術の日が第二子の妊娠32週。
あと2週間で産休突入というタイミング。
仕事の引継ぎ終わってないし、術後の夫の看病もしたいし、
長男はなるべくいつも通りに生活させてあげたいし、お腹は重いし、
もうフラフラ…。

このまま転移が見つかって夫と私がW入院なんてことになったら息子がかわいそ過ぎる。
どうしよ〜!

病理検査の結果が出るまでに1週間ちょっと。
受験のときなんかもそうだけど、結果待ちって、ホントにすんごくイヤ〜な時間。
息子がいたから気が紛れたけど、一人だったら相当ブルーだったと思う。

検査の結果、とりあえず転移は見つからなかった。
完全治癒しやすいセミノーマ型で5段階のうち一番軽い段階だったらしい。
5年後の生存率100%だって。よかった〜!!

手術の傷も問題ないので、結果がわかって即退院。
今後は2年くらい、3ヶ月に1度の経過観察にくればいいとのこと。
ガンって、そんなもんなんだ。

退院後、入院中我慢していたタバコはすぐに解禁したものの
(フツー、ガンになったらやめるだろう、タバコ!)、
朝まで飲み会や深夜の夜食はやめたので体重5キロ減。
前よりずっと健康そう!
私の命令で玄米ご飯をしぶしぶ食べ、土臭いと文句をいいつつルイボスティーを飲む毎日。

今週、2度目の経過観察でも転移は見つからなかった。一安心。

何はともあれ、命あっての人生だもんね。
アレもコレもと欲張って生きてきたけど、
どんなものより健康が一番大事!とつくづく実感しました。

来年も家族全員、健康に過ごせますように。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   


posted by まめつぶ at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告!(その2)

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告!(その1)のつづきです。

2 手術前夜

即日入院、午後にも手術と言われ、ドキドキしながら待っていると、
「やっぱ手続が間に合わないんで、月曜日でいいです。」…だって。
何なんだよ〜。

とりあえず手術後2週間は入院。
摘出した腫瘍部分の病理検査とCTの検査をして転移が見つかれば2〜3ヶ月の入院治療になるとのこと。
人生何が起こるかわからないもんだね、ホントに。

精巣腫瘍は睾丸に出現する悪性腫瘍。

発病率は1パーセントくらいで、15歳〜40歳くらいで発症する若年性のガン。
完全治癒しやすいセミノーマと悪性度が高い非セミノーマってのがあって、
どのタイプかは病理組織診断によって確定されるため、直ちに精巣摘出手術を行う必要がある
(精巣を1つ取っても生殖能力には問題ないらしい)。
転移が早いのが特徴でリンパ節に転移しやすく、さらに進行すると肺・脳・肝臓などにも転移する
(特に非セミノーマは早期からその傾向がある)。
場所が場所だし痛みもないので、ついつい受診が遅れ、転移してから見つかる場合も多い
(若年性だから進行も早いしね)。

爆笑問題の田中やネプチューンのホリケンもなったと聞いて、
お笑い芸人体質の夫がなったことに妙に納得。
同時に、そんなに大したガンでもないのかな?と希望の光が…。


即日入院できなかったので、翌日(日曜日)は家族でゆっくり過ごせることになった。
「もしかしたら数ヶ月入院ってことになるかもしれないから、明日は何したい?」と聞くと、

「劇場公開が終わっちゃうかもしれないから

『パッチギ LOVE & PEACE 』が観たい
と夫。

普通さー、「家族でのんびり海が見たい」とか言うんじゃないの??こういう場合。
まあ、どうでもいいや。

手術前夜、夫は昼間1人で観たパッチギについて、深夜まで熱〜く熱〜く語っていた…。


妊娠9ヶ月・夫にガン宣告(その3)につづく…。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告!(その1)

今年1年を振り返って一番ビックリしたことは、
娘がタクシーの中で産まれてしまったこと(詳しくは「タクシーの中で出産!」を読んでください)。

そして、これと同じくらいビックリしたのが夫へのガン宣告。

今回は、妊娠9ヶ月で夫がガンになったときの体験記です。


1 とりあえず病院へ

5月のある日、夫が「ちょっとタマが腫れてるんだけど」と言ってきた。
見ると確かに左側の精巣が右より大きい感じ。
痛みは全くないと言うし、お祭りやら結婚式やらイベント目白押しで病院に行く暇もないので
もうちょっと様子をみることになった。

1週間後。左側の精巣の腫れがひどくなり、直径4センチくらいになっている。
パッと見ただけでも左側が大きいのがわかる。
相変わらず痛みはないらしいんだけど触ると固いし、明らかに普通じゃない。

ネットでいろいろ調べると、
やわらかくてライトで照らして透けて見える場合は精巣水腫。
固くて透けて見えない場合は精巣腫瘍とある。

悪性かどうかはわからないけど、これは明らかに腫瘍っぽい。
週末に私が出産予定の病院でペアレンツクラスがあるので、
そのついでに泌尿器科を受診することにした。

ペアレンツクラスを前半で抜けて夫は泌尿器科へ。
すいぶん長いこと息子と公園で遊んでいると、携帯に連絡があった。

「俺、ガンだって。『ご家族の方も一緒に話を聞いて欲しい』って。」とのこと。

まさに、ドラマでよく聞くあのセリフ!!

生活習慣に非常に問題がある夫。
いつかガンになるだろうと思っていたけど、さすがに30代でってのは想定外。
でも、当の本人があまりにも淡々としているので、
私も「ふーん、わかった」と返事をし、とりあえず腹ごしらえ。

これが、たった今ガン宣告された人間か?!と思うほど、
息子と談笑しながらフツーに寿司をつまんでいる。
B型だから?鈍感力強すぎ?まあ、何はともあれ、変な奴。

先生の所へ戻ると、精巣腫瘍との診断。
「手続きが可能なら、

これからすぐに入院して今日中に手術します。」

と言われて、さすがにビックリ!
え〜、まだ初診から3時間も経ってないのに手術〜??

そんなに切羽詰まった状態なの!?

妊娠9ヶ月・夫にガン宣告!(その2)へつづく…。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   

posted by まめつぶ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

逆子の緊急帝王切開で出産!(その4)

逆子の緊急帝王切開で出産!(その3)のつづきです。


4 緊急帝王切開開始!

私の一言で一気に状況が激変し、オペの準備がはじまる。
猛烈な痛みの中でまずやったのが、オペの説明を聞いて書類へサインすること…。

もうそれどころじゃないっつーの!!

「もしかしたら死ぬかもしれません」みたいなことも言われたような気がするけど、
「はいはい、わかりました、いいですよ」って言うしかないってくらい下半身が痛い〜!

たくさんの人がやって来て着替えだのストレッチャーに乗り換えだの麻酔だの、いろんなことをしてくれた。
麻酔が効いてきて、だんだん痛みが薄れていく…。

はぁ〜!極楽〜!!

仰向けに横たわり、すっかりエステ気分。初めての手術室を興味深々で観察。

「では、始めます」と先生が言って手術開始。
ドラマに出てくる、まさにあの雰囲気!
半身麻酔なので意識はすっごくしっかりしていた。
それにしても手術室は寒い。夫もガンの手術の後「寒かった〜」と言っていた。何でだろ?

執刀開始から16分、あっという間に赤ちゃんが出され元気な産声が聞こえた!
ときどき赤ちゃんにも麻酔が効いちゃって寝ちゃってることがあるらしいんだけど、それはなかったみたい。

午後8時46分。3372グラムの赤ちゃん誕生!

帝王切開だと胎盤と一緒に産後悪露として出るものを取ってくれる(だから悪露はほとんどなし)。
バキュームみたいなので子宮を掃除してもらってると看護師さんが、
「おめでとうございます!男の子ですよ〜!」
と私の頭の脇に赤ちゃんを連れてきてくれた。

「えっ!? 男〜?!」これが私の第一声。

だって、産まれるその日まで女の子じゃないかと言われていて、フリフリのベビードレスを編んでたんだもん〜!
ふーん、ピヨちゃん(胎児名)男だったんだ〜と驚きつつも初めて見る我が子をしげしげと眺める。

小さな小さな手を見ると、結構爪が伸びていた。これがすっごく印象的。

目をパチッと開けてくれて…、か、かわいい〜!!!

手術室から出て、ストレッチャーに横たわったまま夫と3人でご対面〜。
夫も男の子でビックリしたみたい。

その後私は病室に戻って両足に血栓防止のマッサージ器をつけてもらう。
「頭は動かしちゃいけないけど、足は動かせるなら、なるべく動かしてください」と言われた。
頭を動かすと後々ものすごい頭痛を引き起こすことがあるらしい。
一晩中、目が覚めるたびにつま先を上げたり下げたりしてストレッチ。
これが功を奏したのか、翌日はじめて起き上がったときには、支えなしで歩けるくらい回復していて
助産師さんにすごくビックリされた。

朝食はおかゆと塩。それだけ…。
でもでも、めちゃくちゃおいしかった〜!!生き返った!

陣痛も手術も両方経験できて、なんかちょっと得した気分

(病院の請求も両方来たので帝王切開はお得!ってパターンにはならなかったけどね)。

術後の経過も良好で11日後、母子共に元気に退院しました!!


しか〜し!!
それから3年半後…、第二子を妊娠して、
この安易な帝王切開の選択をあんなに後悔することになるとは…。


(VBAC(帝王切開後の経膣分娩)については、機会があれば記事にしたいと思っています。)



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

逆子の緊急帝王切開で出産!(その3)

逆子の緊急帝王切開で出産!(その2)のつづきです。


3 いざ、病院へ!

午前11時ころ。陣痛は15分間隔に。
一応病院に電話すると、とりあえず来て下さいとのこと。

お昼前に車で病院へ行く。
まだ本格的な陣痛ではないので、このまま入院となるか判断できず様子をみることになった。
とりあえずお昼ごはんを食べに出かける。
歩いたからか、どんどんお腹が痛くなってきた。陣痛がくると、うずくまってしまう程痛い。

ほとんどご飯に手をつけられないまま病院に戻ると、

即入院決定!
陣痛室に通される。

分娩監視装置をつけていよいよお産開始!でも場合によっては

帝王切開になるかもしれないので飲まず食わずでとのこと。

げげっ!!知らなかった!
お昼ごはん、ちゃんと食べておけばよかったなー。

お腹は徐々に痛くなるも、イマイチ子宮口が開いてこない。

逆子はお尻で子宮口を押さないといけないんだけど、
やっぱり頭よりずっと小さくて軽いのでなかなか上手く押せないんだって。

だらだらと10分間隔くらいの陣痛が続き、
夫に腰さすってもらったりビーズクッションにうつ伏せになったりして過ごす。

立会い出産経験者がよく言う「夫はあまり役に立たなかった」という言葉。

家の場合もまさにこれ!
ペアレンツクラスも出てないし、お産についてまったく勉強してこなかったので何の役にも立たない。
「アレしろ、コレしろ、下手くそ!!」とテンパってる私のサンドバック状態。
まあ、ストレス発散にはなったかな。

分娩室に入って、かれこれ5時間が経過。
陣痛は5分間隔くらいになってきた。

お腹や腰がすっごーく痛い〜!

そして何よりのどがカラカラ。

み、水をくれ〜!!気分は完全に力石徹!

お腹も空いてフラフラしてきたし、
あと何時間こんな痛みに耐えなきゃなんないの〜?!と相当グロッキー。
本当に、お昼ご飯をしっかり食べておけばよかったよ〜。

陣痛もピークになってきた(らしい)。でも子宮口は7センチしか開かない。
破水をしても胎児が出てくる気配なし。

もうお腹も腰も痛くて痛くて、飢えと乾きに耐えられなくなった頃、
先生が来てどうするかの相談。
先生的には「ちょっと赤ちゃんの心音が下がってきてるけど、まだ大丈夫そうだし、どっちでもいいですよ〜」という感じだった。

でもこの「心音が下がってきている」の一言に心配性の夫が敏感に反応!
「もうやめとけよ、何かあったら大変だし」と説得しはじめる。
私も「赤ちゃんに何かちょっとでも異変があったら自然分娩はあきらめよう」とはじめから決めていたので、
もともと帝王切開の予定だったんだしなと安易な気持ちで「じゃあ、切って下さい」と言ってしまった。

このときは陣痛の痛みとサヨナラする&水が飲めることで頭がいっぱい!
もう選択肢はないって感じだった。


逆子の緊急帝王切開で出産!(その4)につづく…。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

逆子の緊急帝王切開で出産!(その2)

逆子の緊急帝王切開で出産!(その1)のつづきです。


2 やっぱり自然に産みたい!

手術予定日が日に日に近づいてきて手術に対する恐怖は強まるばかり。
反対に、もし万が一事故があったら…というネガティブな思考が薄れてきて、
いつものお気楽な私に戻ってきた。

そこで、「やっぱり帝王切開、嫌だ!」と一念発起し、
「産道は通るんだから何とかなるだろう」という気楽な気持ちで手術予定日前に子どもを産むことにした!

さっそく、自然な陣痛誘発方法を調べまくり片っ端からトライ!!

とにかく歩く(1日3時間)
三陰交というツボにお灸する(1回に片足10個ずつ)
階段を下る(マンション7階から10回)
開脚スクワット(思いついたらいつでも)
半身浴1時間&足浴

他にドライブするってのもあった(夫が非協力的だったので息子の時はやらなかったけど、
娘の出産でドライブはお産を促進することを痛切に実感)。

プラス、しつこく逆子体操も。

すごく効いたなーと思ったのはお灸階段下り
(お灸については逆子の直し方(その3)を見てください)

胎児も十分育ってるし、もういつ破水してもいいや!って気持ちでガンガンやった。

すると、開始して3日目、入院予定日2日前に陣痛が来た!

しかも狙っていた週末(夫が立ち会えるからね)。ナ〜イス!!

夫と2人で行った「しばらく来れないかもカラオケ」から帰宅したのが午前1時。
朝8時くらいに何となーくお腹が痛くて目が覚める。

トイレに行くと、おしるしが来ていた!


逆子の緊急帝王切開で出産!(その3)につづく…。

※2回の妊娠中に私がとっても参考にしていたサイト

寺子屋お産塾

東洋医学的見地から不妊・妊娠・出産のことが詳しく書かれています。
自宅でタダで即実践できる安産のための体づくり情報が満載!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

逆子の緊急帝王切開で出産!(その1)

もう4年前の話になりますが、

逆子の緊急帝王切開で息子を出産したときの体験記です。

※2007年の娘の出産については「タクシーの中で出産!」に書いています。

1 逆子が直らない…

病院嫌いな私は助産院で「自然なお産」ってのをするつもりだった。
ナチュラルバース系の本を読み漁り、体重管理や運動もしっかりして、
後は逆子さえ直ればどーんと来い!と出産をとっても楽しみにしていた。

ああ、それなのに!
何をしても逆子が直らず妊娠32週でついに転院することに!
(私がトライした逆子直し術については「逆子の直し方」を読んでください。)
助産院は医療行為ができないのでリスクの高いお産は受け付けてくれないのだ。

転院先の基準は、逆子でも自然分娩にトライさせてくれること。

ネットで調べまくって問い合わせの電話をかけまくった。
小さい病院は、緊急帝王切開に対応できないという理由でダメな所が多く、
反対に大きな病院は逆子ってだけで理由もなく帝王切開となるところが多かった。

それでも、いくつか逆子の経膣分娩に積極的かつ30分以内に緊急帝王切開可能な病院があったので
一番近い病院へ診察に行く。

胎児が大きめなので帝王切開にした方がいいかもとの診断だったけど、ギリギリまで様子を見ることになった。
外回転術(ドクターがお腹の上から胎児を押さえてグルッと回す)は
胎児が大きい&羊水が少ないため成功率が低いのであきらめる。

そしてついに逆子のまま臨月に突入!

レントゲンをとって見ると、胎児の頭より骨盤の方が広いので物理的には自然分娩は可能。
しかも胎児はつま先を頭につけたVの字の姿勢をしているので、
逆子の体位の中でも一番安全度が高いとのこと。
ただ、すでに3000グラムを超えているにもかかわらず産まれる気配が全然なく、
出産時には相当ビッグな赤ちゃんになるらしい。

自然分娩にこだわるか、安全策をとるか…。

すっごく悩んだんだけど、周りはみんな切れ切れって言うし、
私の意固地なこだわりで万が一子どもに何かあったら…と泣く泣く帝王切開をすることに。
妊娠39週4日に帝王切開手術の予約を入れる。

手術予定日の2日前に入院とのこと。
2日間も何するんだろ?と聞いてみると、検査したり、いろいろ手術の準備があるんだって。

こ、こわい〜!

入院はおろか、点滴さえしたことのない超健康体な私。
麻酔とか輸血とか、こわすぎる〜!

楽しみにしていたお産が一転、世にも恐ろしいものになっちゃった〜。かなし〜!

逆子の緊急帝王切開で出産!(その2)へつづく…。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

タクシーの中で出産!(その4)

タクシーの中で出産!(その3)のつづきです。


5 産まれちゃった!

「どうやって産むか」は本で読んでイメージしていたけれど、

「産んだ後どうするか」ってのは、どこかに書いてあったっけ・・・?

と考えていると、幸運にも1冊だけ、
カンガルーケアの方法が書いてあった本を思い出した。確か、

母体より下に赤ちゃんを置くと臍の緒に血液が逆流してしまうので、赤ちゃんを母体の上に置く。
上半身裸になってお母さんの体温で直接赤ちゃんを温めてあげる。

みたいなことが書いてあったような…。

とりあえず、夫に赤ちゃんを取り上げて胸に乗せてもらい、ありったけのバスタオルをかけた(夫はこの時の記憶がまったくないらしい)。

羊膜は剥がした方がいいのかな?と考えていたら、ヌルヌル動く間に自然に破けて「ゲホッ」と息をしている。ときどき目を開けたりして・・・。

ちゃんと生きてる〜!

しかし、タクシーの運ちゃんは動揺しているのか(そりゃそうだよね)、
最後の最後で道を間違えて一通に…。
あぁ、病院は目と鼻の先なのに・・・。

でも、とってもいい運ちゃんで、交番のお巡りさんに逆走させてくれと直訴してくれた。
迂回するのすんごく大変だもんね、ここ。

ところが!お巡りは「それはちょっと…。」とか言っちゃって!
「赤ん坊産まれちゃってんだよ!」と運ちゃんに怒鳴られて、
「ちょっと上の者に聞いてきます・・・」だって!

情けない!!

窓全開で交渉してたから車内がすっかり冷えちゃって、
うちの子になんかあったら絶対あいつを訴えてやる!と心に誓い、大急ぎで迂回してやっと病院に到着。

タクシーの中で助産師さんに臍の緒を切ってもらって別々に運び出され、母子ともに無事入院。

分娩室で後処理をしてもらっていると、
さっきまで青黒かった赤ちゃんがピンク色になってバタバタ動いていた。
抱かせてもらってオッパイを吸わせると、グビグビと力強く吸ってくれて・・・。

あ〜、よかった!!

赤ちゃんは2364グラム(これじゃあ、ツルンと出てきちゃうよね)。
低出生体重時だけど37週を超えているので、単に小柄というだけで全く問題なし。

分娩所要時間1時間19分の大安産でした!

週末の1ヶ月検診では、体重が1キロ以上増えていて、すこぶる元気。
あんなチビだったのに、すごいパワーで自分からこの世に出てきたんだもんね、当然と言えば当然ですな。
この子の生命力を信じて、これからも楽しく育児していこう〜!


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 07:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

タクシーの中で出産!(その3)

タクシーの中で出産!(その2)のつづきです。


4 タクシーの中で

午前1時45分。
バスタオルをシートに敷いて横たわり、夫に膝枕をしてもらって、

いざ病院へ出発!

車の振動でどんどん陣痛が強まり、
青信号でアクセルを踏み込むたびにグーっと赤ちゃんが降りてくるのがわかる。
とにかく病院へ行って、プロの助産師さんに「大丈夫ですよ〜」と言って欲しい。
そんな不安な気持ちでいっぱいだったので、これで病院へ行かれると思うと意外なほど冷静になれた。

「赤ちゃん、頑張ってるな、その調子、その調子!」などと思いつつ、
夫に腰をさすってもらい、深呼吸してリラックス。
息を吐きながら右手、左手、右足、左足という具合に身体の緊張をひとつづつ緩めていく。
痛みをこらえるではなくて、無駄な力を抜いていく感じ。
テキストに書いてあったとおりにやっていたら、結構うまくできた。

夫の励ましに加え、
この陣痛の痛みを共有している赤ちゃんの存在がすごく心強かった!

「こんな小さな命が一生懸命出てこようと頑張ってるんだ!」と思うと感動して痛みなんて感じない。

午前1時55分。
自宅を出て10分くらい走った頃には、赤ちゃんの頭が子宮口を押し広げているような感触があり、
子宮口がヒリヒリと焼けるように痛い。

「きっとこのまま分娩室に直行だな〜」と思ったとたん!

ツルン!と赤ちゃんの頭が出てしまった!!

さすがにビックリして、「頭でちゃったからスウェット脱がせて!」と言うと、
夫とタクシーの運ちゃんは大慌て!

スウェットを脱ぐと同時に

体も全部出てしまい、ますます大パニック!


タクシーの中で出産!(その4)へつづく・・・。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

タクシーの中で出産!(その2)

タクシーの中で出産(その1)のつづきです。

3 分娩開始!

午前0時。
痛みはかなり増したけど、間隔は依然としてきっかり15分。昼間の検診で、
「経産婦さんは12、3分間隔になったら病院に連絡してください」と言われていたので、もうちょっと様子をみることに。

経産婦といっても長男は緊急帝王切開で産まれたので、

実は経膣分娩は今回が初めて。

最後はどうやって産むんだっけ?
とにわかに不安になり、病院のペアレンツクラスのテキストで勉強することに。
いまさら呼吸法だの、痛みを逃がすコツだのを読んでいる暇はないので、
イメジェリーとリラックスの箇所だけをじっくり読んで終了〜。

赤ちゃんと一緒にがんばろう

赤ちゃんが苦しくないように深呼吸してみよう

狭いところを通っている赤ちゃんがゆっくり出てこられるようにしよう


この3行をしっかりと脳裏に刻み込み、痛みと向かい合う決意をした。

午前1時。
陣痛は15分間隔のまま変わらないけれど、息子の面倒をみてもらうために実家の母を呼び出していたら、ジワッと生ぬるい水の出る感触が・・・。

ついに破水したみたい!

夫がタクシーを呼んでくれ、家の前に待機してもらったものの、
お腹が痛くて、痛くて、なかなか立ち上がれない・・・。
痛みをこらえようと踏ん張るとよけい痛い・・・。
ど、どうしたらいいの・・・。

その時ふと、さっき読んだテキストの3行を思い出した。

「苦しいのは赤ちゃんも同じなんだ、酸素をたくさん入れて楽にしてあげないと・・・。」

ゆっくり深呼吸を繰り返していると、不思議と痛みが遠のいていく。
今だ!と立ち上がるとジャバジャバとすごい量の羊水が流れてきてびっくり!
とにかく、そのまま腰にバスタオルを巻いてタクシーへ。

マンションの1階で駆けつけた母とすれ違い、
のんきに「がんばってね〜」と声をかけられるも返事ができず・・・。
まさか、あれから10分後、病院へ向かうタクシーの中で孫が産まれるとは夢にも思っていなかったでしょう。


タクシーの中で出産!(その3)へつづく・・・。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

タクシーの中で出産!(その1)

先日、病院へ向かうタクシーの中で娘を出産してしまった

私の出産体験記です。


1 ことの始まりは「おしるし」から

妊娠37週1日。
朝起きて立ち上がった瞬間、ドロッとピンク色の出血が!

おしるしだ〜!

予定日はまだまだ先と入院準備を何もしていなかったので大慌て!
調べてみると、個人差はあるけれど、おしるしが来てもすぐに陣痛が来るとは限らないらしい。
とりあえず入院グッズを用意して、その日は家族(3歳の息子と夫)でショッピング。1日中歩きまくった。

でも気のせいか、いつもよりお腹が張るような・・・。
日中は20分間隔くらいでお腹の張る感じが続いていた。

翌日は妊婦検診。
病院へ行った後、御茶ノ水のビストロ備前でランチして、
ティータイムに神田の万惣フルーツパーラーで大好きなホットケーキを食べる。

相変わらず美味しい〜!!
これでいつ病院食がスタートしても後悔なし!入院準備OK!!

午後5時。
前日からのお腹の張りは相変わらず続いていて、息子を保育園にお迎えに行くときには軽い生理痛のような痛みが15分間隔になっていた。


2 これって陣痛?!

第二子の妊娠となると、多少お腹が張るからといって横になって休むことができない。
普段どおり夕食を作り、念のため(お産に備えて)いつも以上にガッツリと食べ、息子とお風呂に入って2人で「かるた」をしていると、やっぱりちょっとお腹が痛い・・・。

午後8時。
夫に電話すると、なんと飲み会の真っ最中!
おしるしが来てお腹痛いんだから、普通まっすぐ帰ってくるだろう!と憤っている間にもお腹は少しずつ痛くなり、ちょっと重い生理痛くらいになってきた。

「お母さん、大丈夫?」と息子が腰をさすってくれて・・・。

あぁ、なんて優しい子なの!

午後9時頃。
私の怒りを察知した夫が帰宅。息子を寝かしつけてもらう。
お腹の痛みは相変わらずで強まりも弱まりもせず、きっちり15分間隔。このままダラダラと痛みが続いてお産が始まるのは明け方かな〜と勝手に決め、ひとまず寝ることにした。

午後11時。
かなり疲れていたようで、グーっと眠ってはお腹の痛みで目覚め、また眠る・・・ということを繰り返した。1時間ほどウトウトしていると、何だか今までにない痛みが!

ついに陣痛が来た!!

タクシーの中で出産!(その2)へつづく・・・。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

逆子の直し方(その3)

逆子の直し方(その2)の続きです。

逆子体操でも直らない頑固な逆子ちゃん用の最終手段を2つ紹介します。


5 お灸

1または2の体操前に行うと効果的です。

三陰交(内側のくるぶしの一番高い所から指4本分上にあるツボ)と至陰(足の小指の爪の際にあるツボ)にお灸します。

http://park11.wakwak.com/~hisao-t/ninshin05.html

私は週1で専門家に施術してもらいながら、毎日お風呂上りに家でもお灸をしました。

お灸をすると血液の循環がよくなり、子宮内の環境がよくなるため、赤ちゃんが活発に動くそう。

確かに、お灸をした後1時間くらいは、胎児がグニョグニョとよく動く!!
嬉しくなって、その後の逆子体操もとっても楽しいです。

お灸は各種いろんなものが売られていますが。

私はシールをはがして貼り付けるタイプを愛用していました。

素人にはこれが一番使いやすいんじゃないかな。

逆子対策だけでなく、足浴と同じように、浮腫みにも効きました。

陣痛誘発時にも大活躍!

1回で10個くらい使ってしまうので、多めに買ってもいいと思います。








6 外回転術

病院や産院で、お医者さんや助産士さんに、

お腹の上から赤ちゃんをグルッと回してもらう方法です。

かなり強引な手段なので、その場で破水し出産となってしまうこともあるらしく、ある程度週数が経って(9ヶ月過ぎくらい)からでないとトライできません。

私は助産院で2回ほどトライしましたが、90度以上はどうしても回転しませんでした。

病院のはもっと強引で効果も高いらしいのですが、保険が使えず1回約10万円かかるうえ、臨月に入っていて胎児が大きくなりすぎているので効果があまり期待できないとの理由であきらめました。

でも、逆子さえなおれば自然分娩できるという人にはトライする価値ありだと思います。

東京なら広尾の日赤病院にゴッドハンドと呼ばれる先生がいるらしいです(名前はわかりませんが)。

虎ノ門病院のHPにも詳しく載っているので参考にしてくださいね。

http://www.toranomon.gr.jp/site/htdocs/sanfujinka/main.html


以上が、私が試した逆子なおし術です。

最後まで逆子のままでいるのは全体の5%だそうです。

その内なおるだろうと気楽な気持ちでトライしてくださいね。

イライラ、ストレスは妊婦の大敵ですから。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

逆子の直し方(その2)

逆子の直し方(その1)の続きです。

その1では、逆子体操を2つ紹介しましたが、今日は逆子体操の前後にやると効果的な方法を紹介します。

3 ハイハイ

1または2の体操後、胎児が恥骨から浮き上がった状態でひたすらハイハイします。
ハイハイしていると、子宮がゆったりして赤ちゃんも楽そうです。
やっぱり二足歩行って無理があるんだなーと妊娠後期になるといつも感じます。

8の字を書くようにハイハイするとよいと紹介されていたので6畳間の和室でやっていました。

ただ、一人で部屋の中をハイハイする姿はかなり不気味で、

やってると段々鬱になってくるので要注意。

夜中、赤ちゃんが活発に動く時間に一人で廊下をハイハイしていたら、トイレに起きてきた夫が悲鳴を上げて腰を抜かすというアクシデントもありました。

家族に周知徹底してからやった方がいいかもしれません。


4 足浴

ハイハイとは反対に、こちらは心身共にとーってもリラックスできる逆子対策です。

逆子になるのは子宮下部が冷えていて、胎児が頭を下にするのを嫌がるからという説があります。

逆子でなくても、安産した先輩ママから

「妊婦はとにかく膝下を冷やしてはいけない!!」

と散々言われました。

そこで、私は

真夏でも5本指ソックスを履き(冷房の効いたオフィスでは膝下がメチャクチャ冷えるんです!お座敷のお店にランチに行けないのが難点ですが・・・)、

帰宅後はフットバスで足浴していました。

このフットバスが、もう本当に買ってよかった〜の一品。

ふくらはぎまで直接温めるタイプがお勧めです。





お風呂場でバケツに適宜さし湯をしながら…でもいいのですが、8ヶ月近くなるとお風呂の椅子に長時間座っているのは至難の業。

座りなれた椅子でテレビや読書をしながらする足浴はリラックス効果満点!

次に紹介するお灸ほどではないけれど、足浴後は体が温まって胎児がよく動くので逆子なおしのチャンス!

妊娠後期の足の浮腫みも下半身の冷えが原因なので、

逆子対策だけでなく、安産のため、日常の家事の疲れを取るためにも役立つこと間違いなし!

逆子の直し方(その3)につづく・・・。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

逆子の直し方(その1)

妊娠34週で逆子と言われ、さっそく逆子対策を実施!
今日の検診(36週)で見事逆子が直っていました!!


実は、長男出産のときも妊娠7ヶ月から逆子になり、結局そのままずーっとなおらなかったという苦い経験が…。
本当に死に物狂いで逆子について調べて片っ端から実践したのに…。

2度の逆子体験から、私が実践した

逆子の直し方を紹介します〜。


1 逆子体操

産院で間違いなく勧められる定番の体操です。

四つん這いになって顎と胸を床につけ、お尻を高く持ち上げるというもの。

反対に、仰向けになって後頭部と肩を床につけ、ブリッジのような体制でお尻を上げるもの。

どちらも体操の目的は、

恥骨にはまっている胎児のお尻を浮き上がらせる

ことにあります。

お尻が恥骨に固定されていては、いくら胎児が動き回っても回転できませんからね。

15分から30分はこの姿勢をとらないといけないので、やってみて楽な方をお勧めしますが、私は仰向け姿勢が好きでした。

お尻の下に座布団を畳んだものや枕を詰めて、のんびり読書しながらやってました。

体操後は、胎児の頭が下になるように(胎児の背骨が上)、体の右または左側を下にして横向きに寝ます。

ぐにゅぐにゅ…、ムニュムニュ…。ぐ・ぐ・ぐ・ぐるん!

胎児の頭が下になったら大成功!

どちらも30分やるとかなり疲れます。
妊娠8ヶ月から毎日やり続けた結果、
ブラからはみ出ていた背中の贅肉がスッキリ!!という嬉しいオマケが!

ナイス!!


2 逆立ち

かなりアクロバチックですが、一発でなおったという声が多数あったので挑戦してみました。

夫がいるときは足を支えてもらい、一人のときは、足を壁につけて壁づたいに少しずつせり上がっていきます。
どっちも転倒すると危ないので頭を床に付けた3点倒立で我慢できる限り我慢する!

こちらも主目的は胎児のお尻を恥骨から浮かせるというものですが、そのまま一気に回転してしまうことも多いそうです。

確かに逆子体操より効果満点という感じ。
お風呂上りなど、赤ちゃんが活発に動いている時にピンポイントでやるのがお勧め!


次は、さらにハードな運動浮腫み対策にもなるリラックス法をご紹介。

逆子の直し方(その2)につづく・・・。

ラベル:妊娠 逆子
posted by まめつぶ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。