2008年04月09日

絵本 『ねぎぼうずのあさたろう』 飯野和好

図書館で借りてきて、息子がはまりまくっている絵本。

ねぎぼうずのあさたろうシリーズ








突然、息子が「てやんでぃ!」「がってんだい!」「ごめんなすって!」と言い出した。
「な、何??」と聞いてみると「ねぎぼうずのあさたろうの真似」とのこと。
保育園で担任の先生が読んでくれた絵本がすっごくツボにはまったらしい。

早速、図書館で借りてみる。
「あさたろう」と「にんにくにきち」が東海道を旅する途中、いろんな出来事に遭遇するって話なんだけど、
とにかくセリフが面白い!!バリバリお江戸・時代劇調。
絵もシュール…。

この本の読み聞かせは相当むずかしい。
息子が初めて読んでもらった担任の先生は、いい歳の女の先生なんだけど、
耳にボールペンはさんじゃうみたいな馬券売り場の親父キャラ。
あの先生がこの本読んだら、そりゃ楽しいよね〜!

我が家では夫が読み聞かせ担当。息子は絶対、私のところには持ってこない。
お笑い芸人気質の夫がこの絵本を読むと…、すんごく上手い!!面白すぎ!

子どもが生まれて、初めて夫の読み聞かせを聞いたときの衝撃を思い出した。

『ぐりとぐら』を読んでもらって大爆笑している息子。
「ぐりとぐらって、そんなに面白かったっけ?」と覗きに行って思わず私も噴出した。
だって、『ぐりとぐら』が藤井隆と出川哲朗になってたんだもん〜!

読み聞かせのとき、あんまりキャラクターを作りすぎると
子どもの想像力を狭めてしまってよくないらしい
んだけど、
夫だけは好き放題やらせている。

どんな本でも表紙のタイトル読んだだけで息子、大爆笑!
エンジニアにしておくには惜しい人材だ…。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

絵本『ロンパーちゃんとふうせん』酒井駒子

大好きな酒井駒子さんの絵本の中で、とびきりのお気に入り見つけちゃった!!

酒井駒子さんといえば、

『よるくま』 とか 『ぼくおかあさんのこと… 』 が有名。

これはこれで、私もすっごく好き(息子も両方とも大好き!)なんだけど…。








私の一押しはコレ!

『ロンパーちゃんとふうせん』





ロンパーちゃん、すっごくすっごく可愛いの!
酒井駒子さんの描く子どもって、いいわ〜。

林明子さんと甲乙つけがたく、
子どもの絵が好きな画家ランキング第2位って感じ。

1位はもちろん、いわさきちひろ さん。ここは不動かな。

大人の絵本ですが、これも好き!

『金曜日の砂糖ちゃん』






酒井さんの絵本って、何故かどれもお父さん不在。
お父さんまるっきり無視の「ママとラブラブ本」はたくさんあるけれど、
酒井さんの絵本は、お父さんの存在はしっかり感じるのに、…居ない。
ぽっかり穴があいてる感じ。
ザラッした質感の絵と相まって、妙にせつない気持ちになるのは
そんなとこにも一因があるのかな。

酒井駒子ワールド。はまります。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

絵本の翻訳に挑戦!の巻

職場のハワイ旅行中、留守番・臨時出勤の代償にリクエストしたお土産。

「How Do Dinosaurs」シリーズで、まだ邦訳されていないこの2冊。








先日やっと受け取って、さっそく翻訳開始!
…したものの、絵本の翻訳って難しい〜!!

なかがわちひろ さんが既に訳した2冊を参考に
リズムや言い回しを真似してみるも、なかなか上手くいかない。
読み聞かせて心地よい音の響き、弾むような流れるようなリズム、
子どもでも理解できる単語選び…。


私の日本語力では到底無理!
常々思うけど、翻訳って日本語力が重要なんだよね〜。

電子辞書&エキサイトの翻訳ページと首っ引きで何とか完成〜。

『きょうりゅうたちのいただきます』(← ※ 私がつけたタイトル)は、まあまあだけど、
『きょうりゅうたち がっこうへいく』(← ※ 私がつけたタイトル)は、ちょっと、どうにもこうにも…。

それでも息子は大喜びで、何度も何度も読んでいた。
何箇所か大ウケしてくれたりして!すっごく嬉しい〜!

そのうち なかがわちひろ さんの邦訳版が出たら、
こっそり本屋で立ち読みしてみよう。ちょっと楽しみ。

絵本の内容はというと、いつもながら、きょうりゅうたちが愛らしいんだけど、
amazon(米国版)のレビューにすんごい怒りの投稿があったとおり、
『How Do Dinosaurs Eat Their Food?』は肥満を気にしている子どもにはちょっと不向きかも。
興味のある方はレビューを読んでください→ 怒りのレビュー

子どもは肥満なんて気にせず、モリモリ食べるってのが本来の姿だと思うんだけどね。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

絵本『かぼちゃスープ』

図書館で借りてきて、息子(4歳半)が夢中になったシリーズ。

『かぼちゃスープ』 ヘレン・クーパー





ネコとリスとアヒルの関係がすっごく微笑ましくって幸せな気分になる絵本。
わがまま困ったちゃんのアヒルがめちゃくちゃカワイイ!
最後のオチに息子大ウケ!!

『こしょうできまり』& 『とびきりおいしいスープができた!』








他の2冊も『かぼちゃスープ』以上にお気に入り。

なんとなく、絵本の雰囲気全体がバムケロに似ている気がする。
細かいところに小ネタが仕込んであったりして。
バムケロ好きはきっと気に入るんじゃないかな。

隅から隅まで、何度読んでも楽しめる絵本です。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

私のための絵本 『BROOCH』

いろんなことを知りすぎてしまった大人のための絵本。
自分が誰だかわかんなくなっちゃった時に読むと全身の力がスーッと抜けていくような…。
そんな絵本です。

でも私は何故か、とっても満ち足りた幸せな気分の時に無性に読みたくなる…。

『BROOCH』





トレーシングペーパーに描かれた渡邉良重さんのイラストがとっても幻想的!
何枚かの絵が重なって透けて見えるので
頁をめくるたびに、そこにあった絵が壊れ新しい絵が生まれてくる。

この絵に添えられた内田也哉子さんの詩がまたまた、すっごくいいの!

時間を忘れてゆっくりゆっくり読みたい絵本です。

やなか珈琲店の豆を丁寧にドリップして、樫の木のバームクーヘンをつまみながらって感じ。
決して、あべかわ餅をパクつきながらではないんだけど…、まあ今日はこれでいいや。

内田也哉子さんが訳を手掛けた絵本 『たいせつなこと』





相当に深い内容の絵本で3、4歳の子どもには到底理解できないけれど、
絵がすっごくキレイなので息子は好きみたい。

これも、これから先、何度も読み返しちゃいそう。
内田也哉子って、ちょっとスゴイかも。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 12:42| Comment(2) | TrackBack(1) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

ハワイ土産は洋書絵本をリクエスト!

今週末から毎年恒例の職場の社員旅行。

行き先は…ハワイ、Hawaii!!

息子妊娠以来5年間も不参加の私…。しかも今年は育休返上で出勤です〜!!
(娘がちゃんと哺乳瓶でミルクを飲むか一度も試したことないけど、まあ、何とかなるだろ。)

当然、お土産をちゃっかりリクエスト!

息子がシリーズの続きを読みたいと言うので、
「How Do Dinosaurs」シリーズで、まだ邦訳されていないこの2冊。








私が見ていたネットのページを覗き込んで、息子が「これ読みたい!」と言うので、
「これ、まだ日本語の売ってないんだよね〜。」と言うと…

「日本語ないなら、英語で読めばいいじゃん!」だって!!

す、すごい、その発想!!素晴らしい〜!!

「あんた、英語読めんの?」と聞くと「お母さんが一緒に訳してくれるんでしょ?」と息子。

よっしゃ〜、買ったぜ、その心意気!

「売ってないなら 作ってしまえ 邦訳版」
ということで、きょうりゅうシリーズは自分たちで日本語版を作ることになりました。

どうせなら、これも買ってみようかな〜?
息子が大好きなオリビアの最新刊(これもまだ日本語版が出ていない)。





でもオリビアは、あの谷川俊太郎さんが訳を手掛けてるんだよね〜。
谷川さんの訳を楽しまないなんて、もったいない!
やっぱりこれは邦訳版の出版を待つことにしよう(ちょっと時期はずれだし)。


洋書の入門編にピッタリなのは、この2冊!
ほとんど字ありません。








『 Tuesday 』はコルデット賞を受賞した作品。
私はこの世界観、すっごく好きです。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

息子が夢中!の恐竜絵本

恐竜大好きな息子(4歳半)が今はまっているのが、この絵本。

『ぼくのロボット恐竜探検』 『恐竜たんけん図鑑』








図書館で自分で選んできた絵本です。
漫画みたいなコマ割だし字も小さいので、まだ早いかなーと思ったんだけど
とんでもない!!毎日毎日、暗記するほど読み込んでます。

恐竜の絵がリアルでアニメっぽくないし、知識がさりげなく盛り込まれていて私も結構お気に入り。

誰でも知ってるメジャーな恐竜だけでなく、マイナーな恐竜がたくさん出てくるのもいい。
子どもが恐竜探検に出かけるという設定もすっごく親しみがわくみたい。


息子以上に私が大好きな恐竜本はこちら。


『きょうりゅうたちのおやすみなさい』 『きょうりゅうたちがかぜひいた』
 








ダダこねまくりのきょうりゅうたちが、すっごくカワイイ!!
部屋のインテリアとかきょうりゅうたちが遊んでいるオモチャとか、
細かいところに遊びがたくさん散りばめてあって絵を見るだけでも楽しい〜!
洋書ではたくさんシリーズが出てるみたいなんだけど、翻訳本はまだこの2冊だけ。
早く新刊が出ないかな〜。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

絵本『エンソくん きしゃにのる』スズキコージ

昨日紹介した『こんにちは おてがみです』のネタを仕込むために図書館で借りてきた絵本。

『エンソくん きしゃにのる』スズキコージ





お話は何てことないんだけど、とにかく力強さと繊細さの調和した絵に打ちのめされてしまった!
この本を借りるまで、スズキコージという作家をしらなかったけど、
今ではどっぷり「スズキコージWORLD」にはまっています。

電車オタクの息子は、エンソくんの他に

『おとうさんをまって』

がお気に入り。この年末年始、本当に何十回読んだことか。





こっちは絵だけでなくお話もとってもよかった(お話は違う人が書いている)。
ずいぶん古い絵本で、一度絶版になったけど最近復刊したみたい。


そろそろ古典や名作絵本を読んでいきたいな〜と思うんだけど、
そういう本は、いろんな出版社からいろんな挿絵のものが出ていて選ぶのが一苦労。

でも、大好きな『注文の多い料理店』は絶対にスズキコージで決まり!!

このお話にこれ以上の絵はない!というくらいベストマッチ!
息子は怖がりなので読むのは来年くらいかな。楽しみ〜。






「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

絵本『こんにちは おてがみです』

息子へのお年玉は絵本をリクエスト!
現金の入った封筒をもらってお母さんに横流しするだけより、
自分へのプレゼントの方が絶対に嬉しいもんね。

重複&ハズレを避けるため、タイトルまで指定して図々しくおねだり。
いろんな人から合計7冊ももらっちゃいました。

その中で、息子の一番のお気に入りがコレ。

『こんにちは おてがみです』





去年、こどものとも50周年記念に出版された絵本。
こどものともの主人公たちからの手紙が各ページに貼ってあって、中には本当のお手紙が…。

宛名は「ちきゅうこく えほんけん こどものともむら ○○さま」
○○に息子と娘の名前を書いておいたので、息子は大喜び!!

送り主は、ぐりとぐら、あさえ、エンソくん、おおかみ、せっせかぞく、きっこ、まゆetc.…。
配達してくれるのはホネホネさんという超豪華版。

最後のページには、こどものともの主人公が大集合!
「あっ!『めっきら もっきら』だ!『まじょのかんづめ』だ!ぶたぶたくんのおかいもの』だ!」
と知ってる主人公を見つけるのが楽しい、とーってもお得な一冊です。

もちろん、事前にネタは仕込み済み。
ほとんどの絵本は読んでいたので手紙を1通開くたびに大騒ぎ!

そう、息子は今、手紙に夢中なのです。
保育園のお友達全員(20人)に手紙を書いて配るほど。
もちろん、恐ろしいほどいい加減な書き順で、
鏡文字とカタカナ交じり(書くのが難しいひらがなはカタカナで書いていた)。
私には暗号にしか見えない…。

でも、4歳半で手紙が書けるなんて…、家の子、かなり秀才?
こんなの配るのって、ちょっと嫌味?
と喜び半分、心配半分だったんだけど、

なーんてこたない、
お返事、たくさんいただきました!
近頃の4歳児って、すごいんだね〜。ビックリ!

この絵本、主人公の絵本を読んでなくても純粋に楽しめるけど、
事前にぜひ読んでおいて欲しい一冊がコレ。





読んでいれば大うけ! 読んでいないと???? ってことになる手紙が入っています。

この絵本をきっかけに、大好きになった絵本もたくさん!
やっぱり、「こどものとも」ってレベル高いわ〜。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

絵本『マドレーヌといぬ』

私の大のお気に入り。
ルドウィッヒ・ベーメルマンスのマドレーヌシリーズ。

ただ、訳がやや古めかしいし、ちょっと日本人の子どもには理解しにくいお話が多くて
息子のリピート率は非常に低かった。

そんな中で、息子のハートをガッチリつかんだ1冊がコレ!

『マドレーヌといぬ』





難しい説明が一切いらないわかりやすい構成で、オチもすっごくいい!


パリの、 つたの からんだ ある ふるい やしきに、
12にんの おんなのこが、 くらしていました。
2れつになって、 9じはんに、
ふっても てっても、 さんぽに でました。
いちばん おちびさんが、 マドレーヌで、…


ここで、息子がするどい一言。
「ジャッキーにそっくりだね。」





違う違う、ジャッキーがそっくりなんだよ〜。
まあ、よくあるオマージュという名のパクリってやつ
(ジャッキーも我が家ではよく読んでます。『ジャッキーのうんどうかい』が一番好き!)。

ジャッキーと決定的に違うのは、先生みたいな人がいるところ。
このミス・クラベルがまたいいの!

マドレーヌシリーズは、どれも私の好きな大型絵本。
当たり前だけど、絵本は絵を見るんだから、やっぱり大型でないとね!
そろそろ、大型絵本専用本棚を調達しないとな〜。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

『絵本を抱えて部屋のすみへ』江國香織

たまらなく絵本が愛おしくなる。
たまらなく絵本が読みたくなる。

そんな本に出会いました。

『絵本を抱えて部屋のすみへ』 江國香織



江國香織さんの本は何度も手に取るんだけど、じつは一冊も読み切ったことがない。
上手く言えないんだけど、まあ、波長が合わないというか…。

でもこの本は、大事に本棚に置いておきたい一冊。
紹介されている絵本も本当にステキだし、それを心底大切にしている感じがすっごくいい!

紹介されている本の中から、まだ読んだことがないやつを何冊か図書館で借りてみた。

『おやすみなさいフランシス』 『まりーちゃんのクリスマス』








『サリーのこけももつみ』 『おやすみなさいおつきさま』








すると!!
息子(4歳)は他に借りてきた10冊の本は何回か読んだだけで
江國セレクションばかり超ヘビーローテーション!
本当にこの2週間、何十回読んだことか。

とくに『おやすみなさいフランシス』『サリーのこけももつみ』の気に入りようは凄まじく、
全ページを完全に暗記してページをめくりながら一人で朗読までしている(もちろんお買い上げ決定!)。

江國香織と感性が同じなんて…、将来が楽しみだわ〜。

読んでみたいんだけど近所の図書館にはない本もたくさんあって、
違う図書館で予約して取り寄せてもらっている。
今週は何を気に入るのかな。興味津々です。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   


posted by まめつぶ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

絵本『ちびうさにいちゃん!』

今、息子の一番のお気に入り。

ちびうさシリーズ

先週、図書館でランダムに借りてきた中の1冊。
すごい気に入りようで毎日毎日読んでます。

絵がとにかくカワイイ!!
怒ったり、喜んだり、泣いたり。ちびうさの表情、しぐさがメチャクチャキュート!!

バースデーケーキのろうそくを数えると、ちびうさは4歳らしい。
息子と一緒!お兄ちゃんぶったり甘えたり。ママやパパに怒ったり。
ホント、そっくり!

ちびうさまいご! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス
ちびうさまいご! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス

ちびうさいえで! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス
ちびうさいえで! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス

お兄ちゃんになったばかりの息子の一番のお気に入りはやっぱりこれ!!

妹に対する息子とそっくりな「ちびうさ」。
可愛くて可愛くてたまらないのに、やきもち焼いたり意地悪したり。
とっても微笑ましい〜。

ちびうさにいちゃん! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス
ちびうさにいちゃん! [ ハリー・ホース ] - 楽天ブックス

シリーズで揃えることになりそう!


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
ラベル:ちびうさ
posted by まめつぶ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

絵本『まっくらなよると ばくのムー』名入れサイン本

絵本ナビで作家さんの名入れサイン本企画をやっていた。
「名入れ」に弱い私。何かいい絵本ないかな〜と物色していて一目惚れ!

『まっくらなよると ばくのムー』





「むらかみひとみ」という作家さんの版画絵本です。

聞いたことも見たこともなかったんだけど、絵本ナビのちょっと立ち読みを見ただけで、
「この名入れサイン本は買っておこう!!」と青田買い決定!

そして、楽しみにしていたサイン本が届きました!

版画の絵具の匂いがしてきそうな独特な紙質といい、
版画ならではの素朴なタッチといい、シンプルな絵の構成といい、とにかく素敵な絵本!

お話の内容も、そろそろ一人で寝て欲しい4歳の息子にドンピシャ!
「僕もムーと一緒なら一人で寝られそう〜!」と張り切っている。

ムフフ…。いい買い物をしてしまった。

むらかみひとみさんは、ボローニャ児童国際絵本原画展に三度も入賞している実力派。
公式HPもすっごく素敵!
これが絵本デビュー作なんだって。次回作が楽しみです。


送料無料にするための「つけあわせ」は、
どうせなら!と同じく作家さんの名入れサイン本。

『ながれぼし きらり』 すまいるママ





全編、布やフェルト、ビーズで作られた絵本。これまた独特の世界です。

サインページはこんな感じ↓ 息子&娘の連名入り。ちょっと嬉しい…。

Image153.jpg
Image154.jpg


こういう楽しい企画があるから絵本ナビっていいな〜。
メルマガ、購読しておいて損はなし!


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

絵本『こぐまのくまくん』

実家には、姉と私が読んでいた絵本が何冊も置いてある。
その中から持ち出してきて、息子(4歳)の大のお気に入りになった絵本がコレ!

『こぐまのくまくん』シリーズ

実家にあったやつは4冊セットで『はじめてよむどうわ』というタイトルがついてるんだけど、
今はバラ売りだけみたい。

Image132.jpg

セットの中身はこの4冊。

こぐまのくまくん [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス
こぐまのくまくん [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス

かえってきたおとうさん [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス
かえってきたおとうさん [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス

くまくんのおともだち [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス
くまくんのおともだち [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス

だいじなとどけもの [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス
だいじなとどけもの [ エルサ・H.ミナリック ] - 楽天ブックス

独特の色彩と筆づかい。
そう、この本はモーリス・センダックが絵を描いているのです!

925-1.jpg

とにかく絵と装丁のデザインが素敵〜。

1冊に4話のお話があって、目次もあります。
絵本から童話への移行期に最適!
まさに『はじめてよむどうわ』です。
おかあさんとのほのぼのとしたやり取りや、想像力を刺激するお話がたくさん!

結構読み応えがあるので4冊続けて読むとヘトヘトですが、
息子は飽きることなく全部読み終えるまで集中しています。

それにしても、今は1冊1000円のこの絵本。
家にあるのは4冊セットで1600円…。2.5倍か〜。
何かいろいろ考えちゃいました。


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

絵本ガイド本『幸せの絵本』

絵本好き御用達サイト「絵本ナビ」がつくった絵本ガイド本。

『幸せの絵本』





選りすぐりの絵本100冊をオールカラーで紹介しています。

普通のガイド本と違うのは、
一般の読者から寄せられたレビューが掲載されていること。
一人のライターが書いた絵本評とは一味違う、とっても生き生きとした感想がたくさん!
具体的な読み聞かせ方や子どもたちの反応など、参考になる情報満載!

息子は2週間に一度、図書館で15冊の絵本を借りてくる。
一度読んで終わりって絵本もあれば、毎日、毎日「これ読んで〜」と持ってくる絵本も。
2週間後に返却して、その後
「あの本、もう一回借りたい」となれば本屋さんでお買い上げ〜。

この方法にしてから息子の本棚は、お気に入り絵本だけのとってもいい本棚になった。

息子が気に入る絵本の基準は…
実は、いまだにイマイチよくわかりません。

『幸せの絵本』で
「私は全然いいと思わなかったけど、読んでみたら子どもたちの反応がすごかった!
だんだん私もこの絵本が好きになってきました。」
なんて感想を読むと、とっても共感しちゃう。

子どもの感性って不思議。
私はもう忘れちゃったのかな…。

この本を読んでいると、「ぎょえ〜!懐かしい〜!!」という絵本に何冊も再開できる。
幼い頃の感覚をもう一度取り戻せそうな、そんな感じがしてきます。

死ぬほど懐かしい絵本↓









「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   


posted by まめつぶ at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

おかあさんのパンツ





小さくてかわいい娘のパンツ。お母さんが履いたら・・・。

次々と出てくるかわいいイラストのパンツが大変身!

なるほど〜!とおもわず感心してしまうネタ満載です。

息子も大うけ!

「お母さん、ボクのパンツも履いて〜」
とお気に入りのパンツを持ってくる始末。

「履けるわけないでしょ!プン!」

この絵本は、私が絵本選びで大いに活用しているサイト

「絵本ナビ」

評価ランキングで上位に入っていたものです。

一度立ち読みしてみたくて探したのですが、どこの本屋さんにもなく、図書館にもなく・・・。
ネット注文してやっと手に入りました。

今や「おかあさんのパンツ2」「3」と出版され、平積みになっている本屋さんもあるくらい。

口コミのパワーってすごいですね。





絵本ナビは登録メンバーが書いた書評によるランキングがあります。
絵本のこと、子育てのこと、真剣に考えているメンバーが多いみたいで(掲載の審査が厳しいのかな?)とにかく信頼できる情報満載です。



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

おはなし絵本クラブ体験記

パソコンで絵本の読み聞かせって、どうなんでしょう?

私は正直言って、かなり抵抗がありました。

絵本とは、
→本屋さんであれこれ手にとって迷いながら
→お気に入りの1冊を買ってもらい
→大事に抱えて家に帰る
→お母さん、お父さんの膝の上で、紙やインクの匂いをかぎながら読んでもらうもの

という、めちゃくちゃアナログな思い入れがあるのです。

それを、パソコン画面でマウスクリックしながらデジタル音声で聞くなんて!!
あり得な〜い!

しか〜し、何はともあれ、まずは試しにやってみないとね。

ということで、親子で楽しむインターネット絵本「おはなし絵本クラブ」に登録してみました。


まずは夜中に私一人で視聴。

本を開く音やページをめくる音まで出るのでビックリ!
お話が始まるとBGMに合わせてプロのナレーターや著名な俳優、声優さんがお話を読んでくれる。
絵も所々アニメーションになっている・・・。

でも、決して不快ではない。
というか、絵本本来の魅力を損なわない、ほどよい演出に、

実は結構、癒されてしまったりして。


何より、プロの読み手の語りには目からウロコ!

こんな読み方もあるんだなーと、とっても勉強になった。

「お母さんに読んでもらうより、こっちがいい!」
となられても寂しいので、まだ息子には見せていないけど、
きっと気に入るんだろうなー。

読み聞かせが苦手なパパママや、
忙しくてなかなか本を読んであげる時間がないパパママ
にはオススメです。

絵本1冊1000円、レンタルビデオが1本300円と思えば、
月525円は全然高くないしね。

英語の本もネイティブ発音で聞かせてくれるので、

英語教材としても利用価値あり。

絵本とは全く別のメディアだと思えば、こういうのもアリかな?

posted by まめつぶ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

長新太ワールド ポンたろうとキャベツくん





「ゴムあたまポンたろう」

タイトルからしてナンセンス!

有名な長新太さんのナンセンス絵本です。

頭がゴムでできたポンたろうが、あっちでポン!こっちでポン!
やったー!と喜んだり、ハラハラしたり・・・。
ポンたろうと一緒になって親子で空の旅を楽しめます!

人目でわかる長新太さん独特の色彩と筆のタッチが冴えわたる1冊。

問答無用のおもしろさ!家族みんなで大好きです。

この絵本が第4回日本絵本賞とは。
日本人のセンスもなかなか捨てたものじゃないなと嬉しくなります。


もう1冊、息子とお父さんの大のお気に入りが

「キャベツくん」






この本、実は息子が2歳半の頃に買って読んであげたのですが、
「???」という感じでリアクションなし・・・。

それが今や、「ブキャ〜!」と言いながらお腹を抱えて笑い転げています。
キャベツくんとブタヤマさんの会話、そのリアクションひとつひとつがメチャクチャおかしいみたいです。

絵本でもおもちゃでも、年齢に合ったものが大事なんだな〜と考えさせられた1冊です。


長新太ワールドは、3歳半以上がオススメ!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

はらぺこあおむし ボードブック

237110-5.gif

息子が産まれて初めて買った絵本です。

生後5ヶ月ころから読み聞かせをはじめました。


0歳児に買うなら絶対にボードブック版がお勧め!
大きさも丁度いいし、安全なのでおもちゃとしても楽しめます。


この本の色彩の美しさ

ページの大きさが違ったり、穴が開いていたりという

しかけに興味津々!


つぶらな目を見開いて、真剣に絵本を見つめていました。
あおむしの食べた穴に本当に小さな指を一生懸命突っ込んで…。

あぁ、なんて可愛かったんでしょう!!!

いまやあの息子は、反抗期の小憎らしい幼児となってしまいましたが、

この本は今でも彼の大のお気に入り。

保育園でもこの本を題材にして劇をやったり、歌を唄ったりしているみたいです。

家族みんなで長〜く楽しめる絵本です。


私のお気に入りサイト絵本ナビで購入できます。

http://shop.ehonnavi.net/item.asp?c=4032371105


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
ラベル:絵本
posted by まめつぶ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。