2007年09月25日

子どもの耳そうじはしなくていい!?

じつは、生まれてから一度も長男(4歳)の耳そうじをしたことがありません。

私自身は、顔を洗うのと同じ感覚でお風呂から出るたびに当たり前のように綿棒で耳そうじをやっていたのですが…、
長男妊娠中に朝日新聞で「耳そうじはやる必要がない」という趣旨の記事を読んだのです。
その記事プラスいろんな所で情報収集した結果…

子どもの耳そうじはしないことに決定!!

そもそも耳垢とは、

外耳道の入り口にある皮脂腺(ひしせん)と耳垢腺(じこうせん)から出される2つの分泌物と古くなった表皮、外から入ったほこりなどが混ざり合ったもの。

耳垢の機能

・外耳道にはえている毛といっしょに、耳の中にほこりや虫が入らないように鼓膜を守り、耳に入ってきたゴミを外に出して奥に行ってしまうのを防ぐ
・耳の中が乾燥するのを防ぎ、適度な潤いをあたえ皮膚を保護する。
・耳あかは酸性で蛋白分解酵素が含まれているため、殺菌作用ある。

すなわち、耳垢は鼓膜を守るために大切なものなのです!

さらに、耳垢は自浄作用によって自然に外耳道の入り口へに排出されるようになっている
=基本的に耳そうじはする必要なし!なんだって。

耳そうじの弊害

・外耳道の薄い皮膚を傷つけ、皮膚のびらん、水様性の耳だれ、さらにはカビが生えてかゆみが増すなど、慢性の外耳道炎を起こす可能性がある。
・嫌がる子どもを無理やりつかまえてやると鼓膜を破るなどの事故につながる。
・綿棒でグリグリやるとかえってゴミを奥に押し込んでしまう。


普段の耳そうじは周囲と入り口を軽く拭くくらいで十分。

耳が臭い、耳垢が詰まっているのが外から見えるという場合は、
耳鼻科へ行って取ってもらいましょう!


ちなみに息子はまだ耳鼻科でとったこともありません。
でも一切トラブルなしなので、本当に大丈夫みたい(人体実験済み)。

やらなくていいことはやらない。
これ、私の育児の基本です。

※ 耳そうじをしないでいたら、耳垢で耳が塞がり病院へ行ったという人もいるそうです
(新米ママさん、コメントありがとうございました)。
個人差があるので家の場合を鵜呑みにしない方がいいかも…です。
特にウェットタイプの耳垢の人は塞がりやすいらしいので適宜確認してあげてください〜!




「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます

耳掃除をずっとしないでいたら、垢で耳が塞がって聞こえなくなり、病院に行ったという人がいました。
やりすぎもよくありませんが、こまめに確認はしたほうがいいかもしれません^^;
Posted by 新米ママ at 2007年09月25日 11:03
>新米ママ さま

コメントありがとうございます!
私もウェットタイプの人は耳垢がこびりついて塞がりやすいと聞いたことがあります。
家の息子はドライタイプなのかもしれません。

安易に断定的なことを書いてすみません。
アドバイスありがとうございます!
私もこまめに確認するようにしますね。
記事も訂正してみました。
Posted by まめつぶ at 2007年09月25日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。