娘(小2)のピアノ発表会用・フラメンコドレス
完成しちゃいました~!!


母からステキなアンティーク生地をもらって
すっかりテンションが上がってしまい、
お天気のGWに半日引きこもりミシンをダダダダダッッッーーー!!

スカート部分は娘のリクエスト通りの配色で。水玉のパイピングがこだわりポイント!


なーんか寂しい感じがしたのでバラ模様のチロリアンテープをグルッとつけました。
このテープが一番高かった!!




上身頃の型紙は娘愛用のワンピースを参考に作製。
アンティーク生地に透かし部分があるので裏地をつけて。

一番大変だったのが肩の部分。
袖を作るには生地が足りず、肩飾り(?)みたいなものにしたのだが、
ロックミシンを持っていないので「巻ロック風」にするのに一苦労。
一番細かいジグザグ縫いを2回やったら
なんとなーく、それっぽくなったような気が・・・。

ファスナーの付け方もよくわからず、適当にやった割には
意外と綺麗に仕上がったような気が・・・。

細かいことを言ったら本当にキリがないくらい
問題があるんだけど、ステージ上なら見えない見えない!

遠目に見るとアンティーク生地の存在感が素晴らしく、
原価数千円とは思えないわ~!! と超自画自賛。

映画から帰宅した娘に着せてみると・・・



わーい! サイズもピッタリ~!
スカートのウエスト周りがスッキリしているのですっごくスタイルがよく見える。

娘もとーっても喜んでくれて写真撮って-! と大はしゃぎ。



それにしても、ものすごい生地の量・・・。
衣装の重さに持って行かれて踊りの軸がぶれてしまうという話を聞いたことがあるけれど、
フリル一段だけでこれだもんねー。納得。

いつの日か、もっともっとド派手~な衣装を作る日が来るのかな-。
だとしたら、ロックミシンが欲しいな-・・・。



「この記事、ちょっと役に立ったな~」と思った方はポチッとお願いします。↓