2015年04月05日

新学期の準備

4月! 娘は2年に、息子は最終学年6年へ進級〜!

進級にあたり、まずは心の準備をということで、
4月1日の朝にチェックするのがコチラ↓

東京都公立学校教員の異動について(平成27年4月1日付)

東京都の公立小の人事異動が載っている。
東京新聞の号外でチェックするのは大変だけれど、
PDFを開いて学校名で検索すれば、数秒で転出した先生を知ることができる。
便利な時代だわー。

そして、私の予感通り、大好きな娘の担任の先生が転出ーーーーー!!!!
そろそろだよなーとも思っていたし、転出オーラもバンバン出ていたけれど、
やっぱりショックー。

しかーし!
そんなショックが吹き飛ぶ出来事が!
なんと!転入先の学校では先生の名字が変わっている!
しかも!息子の担任の先生と同じ名字に〜!!


なんでこんなに興奮しているかというと、
私は半年前からこの2人は恋人同士だ!と睨んでいたから。
秋に配られたPTAの広報誌に先生へのアンケートがあり、
「この町で一番好きな場所は?」という質問に、
2人だけが「○○小の屋上」と答えていたのよ〜!

「この2人つきあってるね。だって、2人だけ好きな場所が『屋上』だも〜ん!!」
と言うと、広報誌アンケートをしけじけとながめて
「○○先生と××先生も2人だけ『とうがらし』だよ!」
と息子。

アホー!!
「『とうがらし』と『学校の屋上』は全然ちがうの!
だいたい、とうがらし組はオジサンとオバサンじゃないよ!
このキュート&イケメンの2人とは全然ちがうでしょ!!
そして、『学校の屋上』で起こる出来事は
『恋』と『イジメ』しかないの!! よーく覚えておきなさい!!」

ということで、私の名推理はおしゃべり娘には絶対に内緒、
私と息子だけの秘密として心の奥底深くに眠らせていた。
そこへ、このビッグニュースですよー!
大興奮で息子に知らせると・・・
「でもさー、あの名字って、日本で一、二を争うくらい
ありふれた名字だからねー」と非常にクール。
確かに、私の人生でも20人くらいいる気がする・・・。
真相は依然闇の中。新学期に息子の担任を直撃するしかないな。

金曜日は入学式の準備ということで新2年&6年は登校日。
とくに6年生は掃除やら飾り付けやらで午前中バッチリ拘束される。
毎年、塾の宿題が終わらないだの、春期講習に遅れちゃうだので
この入学式準備をサボらせる親がいるらしく、中学受験界では話題になるらしい。

ひえー!!そんな親、いるんだねー。ビックリ!

旅行やディズニーランドで休む家庭もあるし、
将棋の試合や芸能活動で休む小学生もいるだろうし、
どんな理由で何日学校を休もうが他人がとやかく言う事ではないけれど、
中学受験率の高い息子の学校で受験組が全員休んだら
受験しない子の負担がすんごいことになるわけで。
最終学年としての責任を伴う登校日には受験を理由に休ませるのはナシだなと思った次第。
幸い息子の学年の通塾組はみんなキチンと来ていたらしい。
常識的な保護者でよかったわ〜。

そもそも6年の4月に半日勉強しなかったからって、
第一志望に落ちるとは思えないのだが・・・。
世の中の中学受験親のイカレッぷり、ハンパない・・・。



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓

   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。