2014年10月29日

秋のブックトーク・5年生

息子の学年(5年生)でやったブックトーク第2回目の備忘録。
ブックトークデビューの前回と比べると、だいぶいい感じにまとまってきたかな??

今回は、問題提起を増やして子どもたちが自由に発言できる時間をたっぷり取ってみた。
どのクラスでもたくさんの子がいろんな発言をしてくれて、すっごく楽しかった〜!!!

==========================================

テーマ:自然破壊
持ち時間:15分
紹介した本:6冊

ちきゅうがウンチだらけにならないわけ [ 松岡達英 ] - 楽天ブックス
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ [ 松岡達英 ] - 楽天ブックス

@
突然ですが、みなさん、ウンチをどこでしていますか?
(「トイレでしょー」という声多数)
ほとんどの場合、トイレですよね。水洗トイレで流したウンチは、
下水道を通って下水処理場に送られ、かなり綺麗な状態になって海や川へ流されます。
でも、野生動物はどうでしょう?
そう!山や川や海にウンチし放題!なわけです。
それって、何か汚くない?地球を汚染してるんじゃない??って思いませんか?
そんな疑問に答えてくれるのがこの本です。
ウンチは自然の一部であって、ウンチを垂れ流しても自然破壊にはならないんです。

では、自然破壊って何でしょうか?
(いろんな意見が出る)
自然には復元力、すなわち元の姿に戻る強い力があるんです。
この自然が持つ復元力では元に戻れないほど自然を壊してしまうことを自然破壊といいます。
この地球上で、自然破壊をしている生き物は人間だけなんです。

みなまた、よみがえる [ 尾崎たまき ] - 楽天ブックス
みなまた、よみがえる [ 尾崎たまき ] - 楽天ブックス

A
この本は、水俣病という病気を描いた本です。
水俣病は、1956年、今から58年前に熊本県の水俣市で発症が確認された公害病です。
工場で製品を作る過程でいらなくなった水銀という強い毒を持った物質を
未処理のまま海にどんんどん捨て続けた結果、海が水銀に汚染され、
その海で暮らす生き物が病気になり、その生き物を食べた魚が病気になり、
その魚を食べた猫や人間にも水銀中毒による様々な症状が現れました。
人間による自然破壊から始まり、その後の食物連鎖によって引き起こされた
人類史上、最初の病気で、水俣病は「公害の原点」と言われています。
この本は水俣湾に浮かぶ無人島を主人公にした写真絵本です。
豊かだった海が水銀で汚染されてどうなったか、今、どうなっているのかがわかります。

レイチェル・カーソン 〈沈黙の春〉で地球の叫びを伝えた科学者 - ぐるぐる王国 楽天市場店
レイチェル・カーソン 〈沈黙の春〉で地球の叫びを伝えた科学者 - ぐるぐる王国 楽天市場店

B
今、私が手にしているのは、「歴史を変えた本」です。
レイチェルカーソンという人が書いた『沈黙の春』という本です。

沈黙の春 [ レーチェル・ルイス・カーソン ] - 楽天ブックス
沈黙の春 [ レーチェル・ルイス・カーソン ] - 楽天ブックス

この本は、1962年にアメリがで出版され、殺虫剤や除草剤といった農薬に使われている
化学物質が自然を破壊してしまう危険性を初めて世界に訴えました。
ほんの50年前まで、人間が自然を破壊しているという認識がほとんどの人になかったのです。
この本をきっかけにして、世界中の人が自然保護の必要性を考えるようになりました。
今日紹介したいのは、「地球の恩人」と言われるレイチェルカーソンの伝記です。
キュリー夫人も野口英世も読んじゃったという人は、ぜひ読んでみてください。


自然破壊には様々な形態がありますが、
人間がしている一番ひどい自然破壊って、何だと思いますか?
(いろんな意見がでる)
自然破壊の最たるものは戦争だと言われています。
今日は、控えめな表現ながら、戦争の恐ろしさがひしひしと伝わる本を2冊紹介します。

せかいいちうつくしいぼくの村 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
せかいいちうつくしいぼくの村 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店

C
この本は、著者がアフガニスタンを旅した時の経験を元に書かれた絵本です。
世界一美しいぼくの村がどうなってしまうのか。
衝撃のラストページがありますので、読んだ人はネタバレ禁止でお願いします。

トビウオのぼうやはびょうきです - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
トビウオのぼうやはびょうきです - ぐるぐる王国DS 楽天市場店

D
1954年、今からちょうど60年前にアメリカが人類初の水素爆弾実験をしたときお話です。
水素爆弾は核兵器の一種で、広島や長崎に落とされた原子爆弾の
何百倍、何千倍もの威力があると言われています。
ハワイとグアムの中間にあるビキニ環礁という所に実験的に投下され、
サンゴ礁のキレイな海が、一瞬で放射能に汚染された死の海になってしまいました。
この本は、ビキニ環礁に暮らしていたトビウオの家族を描いた絵本です。

本の紹介とは関係ないのだが、
自然破壊の最たるものが戦争ということがよくわかる資料として
この写真をプリントアウトして子どもたちに見せた。

BtPyQ3CCYAEk1S2.jpg

突然ですが、この写真、何だかわかりますか?
(いろんな意見がでる)
これは、今年の7月に宇宙飛行士が、国際宇宙ステーションから撮った
「戦争で燃えている地球」の写真です。

「これまでで1番悲しい写真だ。国際宇宙ステーションから、
爆発やガザ地区とイスラエル上空を飛ぶロケット弾が見える」
というコメントとともに、インターネット上にアップされ、世界中に衝撃を与えました。
https://twitter.com/Astro_Alex/status/492003157531451392

「みんなが公園で遊んだり塾で勉強していた『今年の夏』」
「宇宙から」「戦争で燃えている地球が見えた」
という事実をぜひ知っておいて欲しいなと思います。

E
人類やりなおし装置 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
人類やりなおし装置 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店

最後に紹介するのは、クスッと笑えて癒やされる本です。
自分の興味とお金儲けのためだけに様々なものを発明してきた教授が、
戦争や環境破壊といった新聞の暗い記事を読んで、
突然、世界平和に目覚めるところからはじまります。
教授と助手は、触れたものを全て植物にしてしまう、
特別な波を出す『人類やりなおし装置』を作ろうとします。
その結果は、どうなるでしょうか?
この本も素晴らしいオチがありますので、こちらもネタバレ禁止でお願いします。

以上6冊。

==========================================

ブックトーク終了後はいろんな感想を言ってくれて、今回は結構手ごたえあり!
「休み時間には(本を入れた)ボックスが空っぽだったよ!」
と息子が嬉しそうに報告してくれた。
嬉しい〜!!!!!次回もがんばろう〜!!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓

   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。