2012年03月19日

娘(4歳)の絵

とにかく絵を描くことが大好きな娘(4歳)の最近の作品。


image-20120319131749.png


本当に親バカだけど、
何処ぞのデザイナーのスケッチかしらん?みたいじゃない〜?!

風船にもサラサラーっとこんな絵を書いていた。


image-20120319132147.png


どちらかというと息子(小2)は絵、娘は音楽の才能があると勝手に思っていたけれど、
息子はピアノも楽しく続けているし、最近は小学校の金管バンドに入りたい!なんて言いだしてビックリ。
一方で娘は毎日毎日ものすごい枚数の絵を描きつづけ、すでに独特の世界を持っている。

どんどん、どんどん、親の期待を良くも悪くも裏切っていく子どもたち。
子育てっておもしろい!


「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓

   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   


posted by まめつぶ at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
娘さんの絵にものすごい才能を感じます。黙々と絵を描くような子になって欲しかったけど、息子はほとんど絵を描かなくなってしまいました。
テレビがないとはいえ、パソコンでいつでも見たいものが見れる状態にあるので、幼稚園から帰ってくると「◯◯見ていい?」と聞いてきます。こっちも食事の支度があるのでパソコンに子守をさせてしまいますが、まめつぶさんは子供の遊んで攻撃をどう処理してらっしゃるのですか?私が遊んでやればパソコンを見ないで済むことはわかっているのですが、なかなかできません。
Posted by あきぞお at 2012年04月13日 23:28
>あきぞお さん

娘の絵、誉めていただいて光栄です!!
家も息子は描けば上手なのに、娘みたいに暇さえあれば絵を描くという感じではないです。
保育園の様子を見ても、幼児期に絵を夢中で描くのは圧倒的に女の子という感じがします。
男の子の絵の才能は違うタイミングで開花するのでようかね〜?

子どもの遊んで攻撃、もう私は死にもの狂いで受け止めていますよ〜。
ワーキングマザーの危機感というか、今受け止めなかったらいつ受け止める!?という負い目が常にあり、子どもたちと過ごせるわずかな時間を最優先しています。

幼稚園だったらお子さんと過ごす時間は家の何倍もあるのではないでしょうか?
私がもし専業主婦だったら、多分、かなりテレビに子守させていると思いますよ。だって、そうしないとやってられないですもんね〜。
私が絶大なる信頼を寄せている小学校の先生に言わせると、子どもと真正面から向き合う時間は平日なら1日30分あればぎりぎり及第点みたいです。
あとは子どもの好きなことをさせればいいんじゃないでしょうか。

余談ですが、息子の視力低下が大問題となっている我が家としては、あきぞお家に液晶テレビを買うことを激しくお勧めします。
目元30センチのパソコン画面を一日何十分も見続けることは目に非常によくありません。液晶の質もテレビとはまったく違いますし。2メートル以上離れた環境で大画面のテレビを見ることは大して目には負担にならないらしいですよ。

目元30センチを30分以上続けていると確実にピントフリーズ(近視)になるそうです。幼稚園児はこれからどんどん視力が上がっていかなければいけない年齢で、一度視力があがりきってから落ちるのと、あがりきらないうちに止まってしまうのでは大人になってからがまったく違うそうです。
余計なお世話ですが、パソコンでテレビ番組を視聴させるのなら、テレビで視聴させることを激しく激しくお勧めします。
小学校低学年で視力を落としてしまったときのショック、計り知れないですよ・・・。
Posted by まめつぶ at 2012年04月14日 03:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。