2012年02月26日

小学国語辞典選び

毎日小学生新聞を読みだしてから知らない言葉が次々に出てきた息子。

子どもに「○○ってなに?」と聞かれたら、
「いい加減な回答はせず、きちんと調べて正確に教えよう」というのが
私たち夫婦の約束事
(詳しくは「すっごく便利!電子辞書」を読んでください)。

知識があやふやなときは電子辞書やパソコン、iPhoneを駆使して調べまくり
子どもたちの「?」に答えるようにしている。

でもさー、こんなに「?」が一気に増えちゃぁ・・・、んなことやってらんねー!!!

ってことで、小学校3年の進級祝いとして小学生用の国語辞典をプレゼントすることに。

全然知らなかったけど、小学生用の辞書っていろいろあんのね〜。本屋に行ってびっくり。
3年連続売上No.1という帯つきは、なんと!

ベネッセが出している『チャレンジ小学国語辞典 第五版』

チャレンジ小学国語辞典 第五版 コンパクト版

ベネッセアレルギーの私でも、さすがに3年連続売上1位といわれると手に取ってみたくなる。
しか〜し、辞書を開いたとたん「ノー!!」と叫びそうだった。
文字の見出しがゴシック体・・・。ありえない・・・。生理的にまったく受け付けない・・・。

でも、子どもにとって使いやすければいいのかなと気を取り直し
家に帰ってネットでもよくよく調べたところ、
収録語数が少なくて、ちょっと聞きなれない言葉は載っていないとのレビューが多々あり。

確かに、小学生の使う言葉なんて限られているから
収録語数が多けりゃいいってもんでもないけど、
辞書にはやっぱり、「うわぁ、こんな言葉もちゃんと載ってるね〜!」
という感動を与えてほしい。
使い始めて早々に知りたい言葉が載っていなかったら、
それだけでその辞書への信頼が半減しちゃうもんね。


次なる候補は、金田一春彦氏監修の『新レインボー小学国語辞典』

新レインボー小学国語辞典改訂第4版 小型

なんとなく解説とかも信頼できそうで(金田一ブランドに目がくらんでいるだけ?)
いい感じなんだけど、紙面がイマイチ見にくい感じ。


最後まで迷ったのが小学館の『例解学習国語辞典』

例解学習国語辞典 [単行本] / 金田一 京助 (編集); 小学館 (刊)

数百円高いけど、ドラえもんバージョンってのがあって辞書がぐっと身近になりそう。
まあ、春から3年になる息子にドラえもんで釣る必要もないんだけど。
息子の学校は持ち物にキャラクターもの厳禁なんで、
学校で辞書を使うようになったら買い換えないといけないし。

結局これに決〜めた!

三省堂『例解小学国語辞典』

三省堂 例解小学国語辞典 第五版 [単行本] / 田近 洵一 (編集); 三省堂 (刊)

小学館のドラえもんじゃないバージョンと迷いに迷ったんだけど、
決めてはボリュームがあるのにすんごく軽いってこと!
こんなに軽いのに紙はしっかりしていてガンガン使っても破ける気配なし。

収録語数も申し分なく、これに載っていなかったら仕方ないとあきらめられる。
「暖かい」と「温かい」の使い分けがしっかり解説されているとか
最近使い方が変わってきた言葉にも今風の例文&解説があるなど、
さすが三省堂!と思わせる貫禄が。


息子は1年生のときから「辞書びきえほん」を使っていたので
辞書を引くことには慣れている。
「辞書びきえほん」は低学年限定だけあって、すっごくわかりやすいし引きやすい。
小学校の入学祝いに、これは本当にオススメ!

『辞書びきえほん 漢字』
辞書びきえほん 漢字 [大型本] / 陰山 英男 (監修); ひかりのくに (刊)


娘と大バトル中の息子の気を逸らそうと
颯爽と選び抜いた辞書を手渡すと…、
おもむろに何かを調べ出した息子。

そして、
「何この辞書、『ブス』って言葉も載ってないじゃん!!」と放り出す。
今、まさに娘に投げつけようと思っていた言葉を調べてみたらしい・・・。

一瞬にして、辞書への興味も信頼も吹き飛んだ模様。

ガーン・・・。がっくし・・・。



追記:
このあと、喧嘩の原因を聞いた私が
「まさに五十歩百歩だね」と言うと
「それ、どういう意味?!」と息子。
「たいして変わんないってこと。目くそ鼻くそを笑うと同じだよ!」
と言うと、
「五十歩と百歩は倍も違うじゃん!全然違うよ!」と食い下がってくる。

ここで国語辞典登場〜。
「五十歩百歩」を引いてみると
「少しのちがいはあっても、たいした変わりはないということ」とある。
そして、参考として
「戦場で、五十歩にげた者が百歩にげた者を、おくびょうだとばかにしてわらたっという中国の昔の話から」とあった。

これを読んで息子、
「お前だって逃げてんじゃん!」
といたく納得。
同時に俄然、辞書への興味も湧いたようで、
その後はしばらく熱心に読みふけっていた。

小学生新聞と国語辞典。
小3の進級祝いにはピッタリかも!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓

   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベネッセアレルギー!笑えました。私もです。毎月送られてくる勧誘資料に入っている不安を煽るような漫画にうんざり。ていうか、親相手に漫画で説明ってバカにしてんの?って思うのは私だけでしょうか?
それは置いといて、辞書の件、とても参考になります。
そんな息子さんがもっと大きくなったら「新明解国語辞典」をおすすめしま〜す。
Posted by あきぞお at 2012年03月01日 14:41
>あきぞお さま

え!!あのマンガ、保護者用なんですか??!!
画風が苦手で読もうと思ったこともないんで全然知りませんでした。びっくり!
本当に、あのガラクタにどんだけ金かけてんだー!!って感じですよねー。

ベネッセアレルギーのあきぞお家にはZ会をおススメします。ベネッセとはくらべものにならないくらい知的ですよ!

新明解国語辞典、さっそくチェックしてみます〜!!

Posted by まめつぶ at 2012年03月02日 18:30
50歩100歩のくだりがまるでうちと一緒の回答と反応で思わず笑っちゃいました。
やっぱり目くそ鼻くその例題にも、4歳児はわからなかったようです。わからないところにさらに中国の話もしておきました(*^_^*)
Posted by こうたろママ at 2012年03月07日 17:45
>こうたろママへ

50歩100歩にこの突込みができるなんて!
こうたろ君、すごい!さすが〜!

男の子は理詰めで話すとすっごく素直に納得しますよね〜。
娘はイマイチ論理的じゃないんで何かを諭すのに
苦労してます。
Posted by まめつぶ at 2012年03月10日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。