2011年12月14日

わが家のDS対策

保育園年長組のクリスマス。
これがおそらく、多くの子どもたちがDSをゲットする最初のチャンス!
もちろん、息子(小2)もその頃から毎年、サンタさんにDSをお願いしている。
・・・が、鉄壁の父ちゃん母ちゃんブロックに阻まれ、サンタさんへはお願いすら届いていない。

学童に行きたがらなくなって、そりゃぁ、学童以外の友達とも遊びたいよねーってことで
週に2日は友達の家に遊びに行っていいことにしたんだけど、
友達の家で何しているかっていうと、DS&Wii のみらしい。

本当に最近の子どもって公園とかで遊ばないんだよねー。
お天気のいい日に公園に来ても滑り台やジャングルジムの上で
スナック菓子食べながらDSをしている有様。
小さい子たちが遊具で遊べなくても平気で陣取っている。本当に腹が立つ!
もちろん私は「ちょっとそこどいてくれる?邪魔なんだけど」と餓鬼どもを撃破。

でもさー、この現象は子どもだけが悪いわけじゃないってことも十分わかっている。
個人面談で担任の先生と放課後の過ごし方について話したときも
「ゲームと時間があれば、子どもはエンドレスにゲームをし続けます。それが普通です」
と言っていた。
「30分経ったらゲームを止めさせて他の遊びをするように
保護者同士で相談して規制するのが一番いいけれど、
それをしてくれない保護者の家には遊びに行かせないほうがいいです」

とも言われた。

家に息子の友達が遊びに来るときは、「DS持ってこないでね」とやんわりと言っておく。
仲良しの間ではもう暗黙の了解になっているみたい。
それでも持って来る子がいる場合は、30分したら違う遊びをするように誘導。
それでも止めない子は、1人で自分のDSやっている限りは放置
(人の子にそこまで労力使ってられん!)って感じ。

基本的に私は、お友だちのこともビシビシ叱るママと認知されているので
「友達と遊ばないなら家に帰れ」とか「お礼も言えないならもう来るな」とか言いたい放題。
誰にも気を使わなくていいんでこのキャラはすっごく楽ちん!

担任の先生と散々話をして、私なりにDSに対する考えがまとまってきた。

要するに、DSを子どもに持たせっぱなし&やらせっぱなしにしている親は
散歩中に飼い犬の糞を拾わない飼い主と同じということ。

すなわち、散歩中に糞を拾うのが嫌なら犬を飼わなければいい
=子どものDSを規制するのが面倒なら買い与えなければいいってこと!

なんかすっごくスッキリ〜。

「『DS買って!』を我慢させるより、目の前にあるDSを我慢させる方が
子どもも親も何十倍もストレスが溜まる」
とは多数の先輩ママたちのご意見。ごもっとも。
DS持ってないから仲間はずれにされるなんてことも実際には滅多になく、
逆にそんな仲間は仲間でいる価値すらないよとも言っていた。

仲間はずれにされたら可哀相かなー・・・と私なりに気にした時期もあったけど
何か完全に吹っ切れちゃって、そんな私を見て息子も吹っ切れたらしい。

今年のクリスマスのサンタさんリクエストは LEGO TECHNIC
対象年齢11歳〜とあるけれど、「俺ならできる!」と張り切っている。

そうだそうだ!お前ならできる!がんばれ〜!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 15:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まめつぶさんに激しく同意!

ちょーなんは小2で、
周りの子はDS持っているのが当たり前で
バクガン、ベイブレード、ダンボール戦機、など、、、持ってる子は当然、持ってないちょーなんに自慢だし。

ま〜ベイブレードは何個か持ってるけど
古いベイは新しいベイに必ず負けるので
そのうち、遊ばなくなり、、、

wiiがあるんですが
生活態度が、悪くて禁止してるんで
レゴ、折り紙、DVD鑑賞、で遊んでます。

あと、何でも力で何とかしようとするんで
電池ものなどはすぐ壊すので
与えません^^
Posted by matsu-emi at 2011年12月16日 12:00
>matsu-emi さん

いや〜、息子のDS買って攻撃にイラッとして珍しく(?)毒吐いちまいました。
共感していただけて嬉しいです!

レゴは本当にいいおもちゃですよね〜。
建築家とか研究者とかのインタビューなんて読むと
必ずと言っていいほど「小さいころはLEGOで夢中で遊んでました」なんてコメントがありますもんね!
算数でも図形なんかが得意になるらしいです。
立体的な空間のイメージが自然につかめるとか。

ゲームで経験した気になっている子どもがたくさんいて、
「俺、ビリヤードしたことある!」とか言う餓鬼には
「んじゃぁ、玉突いてみろ!!オラオラ!!」と
おもちゃのビリヤード台を持ち出し(なぜか家にある)、全然当たらないのを見て高笑いしております。
Posted by まめつぶ at 2011年12月28日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。