お久しぶりの更新なり。
PTA広報誌の編集作業が思いのほか忙しく、
気がつけば 今日は 終業式!明日からお弁当つくり開始!!ひえ〜っ!!!

ちょうど区切りがいいって訳でもないけど、
息子(小2)が1年生の春からやっていた通信教育「Z会」を退会した。

息子が自らやりたいと言いだし、まがりなりにも続いていた唯一の習い事。
安易にやめさせるのは嫌だったんだけど、2年になってから
「届いたその日にはりきってやる」ということがなくなり、ほぼ手つかずの状態。

もともと、「家庭学習をはじめるのは中学受験するとしても4年からでいい」という夫の反対を押しきり、
「みんなやるから俺もやりたい!」という息子の懇願に負け、仕方なくはじめた通信教育。
当然、親のモチベーションは非常に低く、当の本人にやる気がなくなれば無駄になることはわかっていた・・・。
2年生になって授業数が増え、もう勉強はお腹いっぱいって感じらしい。

まあ、通信教育のドリルやテキストをやらないからって、
ぼーっとテレビを見ているわけでもなく、漫画ばかり読んでいるわけでもなく、
朝から晩まで、ものすごく真剣に図鑑や図書館で借りてきた本を読んでいる息子をみたら
ドリルなんて、どうでもよくなっちゃうよね。

フルタイムワーカーの母としては、息子と過ごせる貴重な時間に
計算問題とか漢字の書き取りなんて、ぜーんぜんしたくない!
将棋やボードゲームをしたり、一緒にだじゃれ考えたり、学校や友達の話を聞いたり・・・、
お勉強より優先順位上なことがいーっぱいあるわけ。

結局、夫と私のフォローが続かなかったというのが退会の理由。
きちんとしたビジョンもなく子どもの言いなりになって
通信教育なんてはじめちゃいけないね〜。
ホント、いい勉強になったわ。

「学校の授業でわからないことないの?」と聞くと、
「ない!100%理解できている」と豪語する息子。
テストも通知表も息子の言葉を完全に裏付けているので
まあ、今のところ心配はなさそう。

「死にものぐるいで勉強するのは14歳から」という説を何となく信頼している私。
周りに流されて、いつのまにか中学受験モードにならないよう、よーく戒めないとな。
最後まで(受験に失敗した後まで)フォローする自信、まったくないっす。

姉からもらってサラッと読んで、わりと共感した本。



いつの間にか中学受験に乗っかっちゃいそうな人は一読の価値あり。

とりあえず退会したけど、Z会はとってもよかった。
問題も保護者向けの冊子も質が高くて内容充実。
促販用の無駄なガラクタが一切なく、とっても知的。
通信教育を再開するときは、またZ会にしよう~。



「この記事、ちょっと役に立ったな~」と思った方はポチッとお願いします。↓