2010年11月29日

息子(小1)の個人面談

先週は、息子(小1)の個人面談。
面談初日のトップバッターで登校拒否児の母・登場なり〜。ヒューヒュー!!

しょっぱな先生から
「1学期ほどいい子ではなくなってきました。
授業中にふざけたり、適当にさぼったりするようになりましたよ〜」
と摩訶不思議なお誉めの言葉をいただく。

先生は、息子の登校拒否の原因を
「いい子でいることに対するストレスによるもの」と分析しているらしい。
だから、いい子をやめて自分らしく振る舞えるってことはすごい進歩なんだそう。

確かに前回の登校拒否以来、息子はすっかり落ち着いており
運動会に次ぐ2学期のビックイベント「音楽会」を経ても嫌がらずに学校に行っている。
「何となく、もう大丈夫そうな感じじゃないですかね〜」と私が言うと、
「いえ、絶対にまたあります!」と先生。そんな自信満々に言わなくても・・・。

その後はQ&Aタイム。
私 「4歳も年下の妹のことを本気でいじめてどうしようもないんですけど」
先生 「3年生くらいになれば、勉強や自分の友人関係なんかで忙しくなって妹いじめる精神的余裕もなくなりますよ」

私 「最近ないんですけど、以前ちょっとあまりに言うことを聞かないと息子を叩いていた時期がありまして・・・。
体罰って、とくに男の子の場合、時には必要悪ってこともあるんですかね?」
先生「まったく必要ありません(すんごいキッパリと能面顔で)」

などなど、家庭内の状況や私たち夫婦の言動についても赤裸々に自己申告。
個人面談は「相互理解・情報共有の場」ってプリントに書いてあったからね。
体裁取り繕ってもいいことなし!ってことで。
おかげで面談後は私の方が反省しきり。まあ、自分を見直すいい機会になったわ。

学習面についてはまったく問題なし。というか、かなりいい線いってるらしい。
特に絵と作文は素晴らしい!と誉められた。「作文は小3レベルです」だって!
そりゃぁそうでしょ、あんだけ絵本読んでるんだからさー。絵と文くらい得意になるよ、うん、うん。
日々の読み聞かせが学習面でも有益とわかって大満足。

先生も私も超早口なんで内容満載の15分。
厳しくてやさしいベテランの先生。これからも頼りにしてますっ!!



「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。