2010年09月24日

母・ICUにて治療中

母・倒れるのつづきです。

救急隊が到着したとき、母は心室細動という非常に危険な不整脈が出ていた。

心室細動とは、心臓の心室が小刻みにふるえた状態になり、
脳やからだに血液を送り出すことができなくなるため、
数分間続くと死にいたる危険な不整脈のこと。
心室細動を起こすと3〜5秒で意識を失い、呼吸が停止する。
心肺蘇生術だけで救命はできず、AED(自動体外式除細動器)による電気ショックを与えて
心臓を正常な状態に戻す必要がある。

さいわい、母もAEDで電気ショックを4回与えたら脈が正常に戻った。
人工呼吸器を装着して救急車で近くの大学病院に運ばれ、ICUに入る。

子どもたちをお風呂に入れ、寝かしつけている途中で大急ぎで帰宅した夫と交代。
病院に駆けつけると、母は水冷式ブランケットで全身を包み込まれ、
体温を34度に保つ脳低温療法というの受けていた。

脳低温療法とは、脳が障害を受けた際、体温を低く保つことで代謝機能を低下させ
脳の障害がそれ以上進行することを防止する治療法。
脳のダメージを最小限に抑える一方で、体温を低下させることによって免疫力が低下するため、
感染症を引き起こすリスクを高めるなど、さまざまな問題が発生する。

ドクターも、人工呼吸器、心臓カテーテル等、いろいろな管が体に入っているので
感染症が起きる可能性があると言っていた。

脳にはよくても身体には明らかに悪そう・・・。
これが脳死を防ぐ最新医療らしい。
身体が動いていても脳が死んでしまったら、もう母とは別の人間になっちゃうもんな。
脳を守るのが最優先って考えは、わからなくもない・・・。

母は、ほぼ2日間この治療をし、その後、少しずつ体温を戻していくとのこと。
体温が戻って身体の動きが活発になり、人工呼吸器を外せれば麻酔も必要なくなる。

このとき、どうなるか。

「誰も全く予測できない」と言われた・・・。


翌日病院へ行くと、脳低温療法中の母の眼から涙が流れていた。
薬やむくみで涙が流れることはないそうで、
「何らかの感情が母の中にちゃんとあるのではないか」との先生の話。
この涙を拭いているとき、私の中にものすごい静寂がおとずれた。
希望でもない、諦めでもない、・・・無・・・。

何かが完全に吹っ切れた。

入院3日目には脳低温療法が終わり、順調に体温が回復して連休明けには人工呼吸器も外せそうと言われる。
これから何があっても、どんな状況になっても、すべて受け入れる準備万全。
週末を心安らかに過ごせそう・・・と思っていたら、

翌朝、父から「お母さん、意識戻ったって!!」と嬉しそうな電話!!!
体温を戻したら、あっという間に人工呼吸器も要らなくなり、麻酔からさめたらしい。

昼過ぎに病院へ行くと、ベッドの上で母が目を開けている。
人工呼吸器で声帯が傷つき、上手く声がでないものの、
「私のこと、わかる??」と聞くと、小さく、でも力強く肯いてくれた!!

先生から、何が起こって、今日が何日か聞かされていたらしく、
ガラガラ声で一番最初に言った言葉が
翌日に迫ったイベントの資料を○○さんに渡して欲しい
ということ・・・。
どんだけ仕事人間なんだ〜!!!!

でもこの一言で、記憶力、認識力が全く衰えていないことが証明された。
それからは、日に日に声も出るようになり、
今日もお見舞いに行くと、あれしろ、これしろと細かい指示がたくさん・・・。
どうやら脳は大丈夫みたい。

気がかりなのは、心臓の動きが依然として非常に悪いこと。
まだ原因がまったくわからないので治療のしようがないらしい。
まずは身体の回復を待って、それから精密検査。

入院はかなり長引きそうっていうのに、すでに入院生活に飽きだしている母・・・。
どうなることやら・・・。

何はともあれ、もう一度母とおしゃべりすることができて本当によかった。

11月までスケジュールがびっしり詰まっていた母。
本当にたくさんの方にご心配をかけ、励まされ、救われました。

まだまだ安心できるレベルにはほど遠いけれど、
焦らずに、ゆっくりゆっくり回復してくれたらいいなー。

*このブログにもたくさんの励ましのコメント、本当にありがとうございました!
昨日の記事を読んで心配してくださった方もたくさんいたはず・・・。
本当は、いっぺんにここまで報告したかったのですが、
この記事を書いている途中で娘が泣き出し、
寝かしつけながら自分も寝てしまいました・・・。
不要なご心配をおかけし、申し訳ありません。




「この記事、ちょっと役に立ったな〜」と思った方はポチッとお願いします。↓
   にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ    banner_02.gif   
posted by まめつぶ at 03:56| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったです…。引き続きお元気に退院されるようお祈りしています。まめつぶさんもご家族もお疲れになることと思いますがお気をつけて。
Posted by 花蓮 at 2010年09月24日 06:59
あぁ、本当によかった!
なんだか報告を読みながら涙が出てきてしまいました…。

私もつい最近、夫の死を一瞬でも覚悟しただけにとてもリアルに感じてしまいます。でもでも本当によかった…。
この後、まだまだ問題山積でしょうがとにかく意識がはっきりして話ができる、それだけでも今は嬉しいですよね。

入院生活、うちのは約1カ月になりましたが…やっぱり暇そうです。(笑)ICUだとなかなか落ち着きませんしね…。

お子さんもいて大変でしょうがお父様・ご主人様と連携しながら気長にゆるゆる頑張ってくださいね。
Posted by ゆき at 2010年09月24日 08:43
タイトル見て、心配しました。
無事に回復されてひとまず良かったです。

でも、これから検査されて、健康な状態に戻るまでまだ気が抜けないでしょうが、いつも元気なまめつぶさんですから、お母さんと素敵な笑顔で乗り切ってください。
応援しています。

急に寒くなってきたから、まめつぶさんが体調崩さないようにしてくださいね。
Posted by こうたろママ at 2010年09月24日 12:34
お母様、良かったですね。
詳しい病状についてはこれからのようですが、意識が戻られて、本当に良かったです。

まめつぶさんもお忙しいでしょうが、ご家族の皆さんとお母様の入院生活を乗り切ってくださいね!
お母様が元気に回復される事を、遠くから祈っております。
Posted by kumacocco at 2010年09月24日 16:03
お母様、戻られて良かったです。
そして非常事態にもかかわらす貴重な情報ありがとう御座います。
一日も早い回復をお祈りします。皆様もご自愛くださいませ。
Posted by あいろん at 2010年09月24日 21:15
まずは本当によかったです。まめつぶさんと父上の迅速で適切な救命初動があったからこそだと思います。しばらくお疲れになると思いますが、ご家族の皆様もお大事に。
Posted by しんらママ at 2010年09月24日 23:25
>花蓮 さん

本当にびっくりしました〜!!
娘をタクシーで産んだとき以来のビックリ&夫にガン宣告
されたとき以来のショックでした。
アラフォーともなると、本当にいろんなことがありますね。
いつもいつも、温かいお言葉、ありがとうございます!
創作意欲も戻ってきたので、忙しいですが、またいろいろ作ります〜!
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 00:40
>ゆき さま

お久しぶりです!!
って、私はゆきさんのブログの愛読者ですよ〜。
ご主人が事故にあったときに縫っていた服で
お見舞いに行ったことも知っております。
ご主人こそ、本当に骨折だけでよかったです!
産んでくれた人も大切ですが、ご主人は人生のパートナーですから。
入院1ヶ月ですかー。お子さん達もいろいろ感じているんでしょうね。
退院なさったら、たくさんたくさん、甘えさせてあげてください〜。
励ましのコメント、本当にありがとうございます。
とっても嬉しかったです!
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 00:44
>こうたろママへ

いや〜、本当にびっくりしました!!
こっちの心臓が止まるかと思ったくらい。
いろんなことがありすぎて、ブログネタには事欠きませんな。

私はすっかり元気です!
息子はかなりショックみたいですが、娘はケロッとしてますよ。
今週末は運動会ですね!副園長先生からご招待いただいたのですが、
娘の運動会とかぶってしまい、行けません。残念〜!!
みなさんによろしくお伝えください〜。
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 00:48
>kumacocco さん

いやはや、本当に大変でした!
おかげさまで、母も私もすっかり元気になり毎日とりとめのない話をしています。
なんでもない、こんなことが、すっごく幸せなんだなーと
改めて実感した次第です。
温かいコメント、ありがとうございます!
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 00:51
>あいろん さま

励ましのコメント、ありがとうございます!!
この件については本当にブログネタにしてよいものか
悩んだのですが、「救命に一番大切なのは、その場に居合わせた人の処置」とあったので、少しでも役に立てばなーと思った次第です。
ちょっと小耳に挟むだけでも、いざという時には役に立つということを実体験したもので。

おかげさまで、母も私も元気です!
ありがとうございました。
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 00:56
>しんらママ さま

コメントありがとうございます!
本当にびっくりでしたが、私も姉も異常に落ち着いています。
姉はおそらく天然でしょうが・・・。
おかげさまで母も頭だけは元気になり、本当に以前のままです。
今回は火事場の馬鹿力的に対処でき、本当によかったです。
いざって時には意外と冷静になれるみたいで。
人生何があるかわかりませんから、蘇生法、ぜひマスターしておいてくださいね!
Posted by まめつぶ at 2010年09月27日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。