2017年01月07日

新年からズシンときた絵本

年明けから何日も過ぎてしまいましたが、
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は子育ての方向性を完全に見失い、ふかーく反省する年でした。

原因は娘のピアノ。
毎年、年末にピアノコンクールの予選に出場し、本選出場はならずも、
たいした努力もせずに次点賞みたいのをもらっていた娘。
今回はnextステージに立たせてあげたい!
という先生の熱意に私が完全に舞い上がり娘にブーストかけまくった結果、
本選出場を逃したのはもちろんのこと、娘をピアノ嫌いにさせてしまいましたー!!!

滅多に練習しないけど、決して嫌いではなかったんだけどなぁ・・・。
年が明けてもやさぐれモードで一向にピアノを弾く気配がない・・・。

息子の中学受験の時も何度も舞い上がりそうになったけれど
一応踏みとどまっていたのに、なんで歯止めがきかなかったのかなぁ・・・。
同性だからか、私がピアノコンプレックスだからか・・・。
原因はいろいろありそうだけど、とにかく、もう二度とこんな事はしたくない。
本当にごめんよー!!!

激しく落ち込んでいる時に偶然読んだ絵本。

『すえっこおおかみ』
すえっこおおかみ [ ラリー・デーン・ブリマー ] - 楽天ブックス
すえっこおおかみ [ ラリー・デーン・ブリマー ] - 楽天ブックス

お兄ちゃんやお姉ちゃんみたいにカッコよくできずに悩む末っ子ちゃんに
お父さん狼がやさしく語りかけるお話し。
その子なりの頑張りを認めてあげることの大切さがひしひしと伝わり、
娘の自己肯定感をメチャクチャにしてしまった自分にグッサグッサと突き刺さる〜。
自信を失いかけている子にもいいけれど、その子の親にこそ読んでほしい絵本です。

11月に息子の中学のママたちと話しているとき、
「娘さん小3? じゃあ、塾探しで大変でしょー」と言われてビックリした私。
世の中学受験生は小3のクリスマス前から塾探し&入塾テストを受けるらしい。
娘は地元中志望だし、勉強の楽しさにイマイチ目覚めていないし、
何より行きたい(親も行かせたい)学校が見つからないしでのんびりしたもの。
高学年になったらどう変わるかわからないけれど、とにかく私が流されないようにしないとな。

大切なことに気づかせてくれた絵本に感謝!!


posted by まめつぶ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする